年末年始休暇のお知らせ

2017年12月30日

こんばんわ!

あなたの治りたい!を叶える整骨院。

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院 多田です。

53253188ab4e7460dca89d3fb9c39098_m

昨日12月29日で、2017年の診療を終了いたしました。

たくさんの患者さんにご来院いただき、今年も「感謝!」の一言に尽きます。

多くの方に支えられ、今年一年も飛躍の年とすることが出来ました。

 

ありがとうございます!

 

本日早朝から一年の埃を払う大掃除も無事終わり、年始の準備もバッチリです。

来年もさらに前へ進めるよう全力を尽くす所存です。

 

来年も変わらぬご愛顧、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

年末年始休暇|神戸市西区月が丘整骨院

12月30日~1月3日まで年末年始の休暇を取らせていただきます。

1月4日から通常診療開始となりますが、1月6日~10日は研修のため休診させていただきます。

4日、5日のご予約はすでに満席となっております。

 

診療中は電話に出ることが難しいため、お急ぎの方、緊急の方はHPメールフォームからご連絡いただけますと、こちらから折り返しのお返事がしやすくなります。

よろしくお願いいたします。

 

自宅の大掃除|神戸市西区月が丘整骨院

今日は整骨院の大掃除を終えてから、一人大掃除を頑張る家内のもとへ。

私には自宅の窓をきれいに磨き上げるという仕事が残っています。

 

しかし、窓ふきの仕事の前に大事な仕事が出来てしまいました。

 

そう、家内が「掃除を頑張りすぎて肩甲骨が痛くて動けない」

とのこと。

 

・・・・・・・( ^ω^)・・・

家内が動けなくなってはまだまだ忙しい年末を乗り切ることができない!

慌ててリカバリーすべく治療を行いました。

 

肩甲骨の痛み症例報告|神戸市西区月が丘整骨院

検査は

右の第二肋骨の前方変位

右立方骨上方変位

この二つの病変によって右上肢の可動制限と動作時痛が起こっていました。

 

ということでこの二つの病変を矯正。

 

肩の可動制限は消えましたが、これではまだ痛みが取れない。

 

最近は骨格、筋膜を矯正するだけでは本当に痛みが取り切れません。

隔膜の問題はもちろんですが、その隔膜も硬さが尋常ではない。

小脳テントにこんなに時間を要することは今までなかった…

 

ほかレンズ核の内、被殻、視床の問題、皮膚の癒着も解決しなければ痛みと可動制限が取り切れないという厄介極まりない状況。

やりにくくて仕方ないですが、それでもオステオパシーはまだまだこれらの厄介な問題に対処することができます。

 

家内は治療後復活して大掃除をやり遂げてくれました。

 

もちろん私も窓をきれいに拭き上げましたよ。

そこに窓があることに気が付かないくらいに磨いたつもりです!(笑)

 

来年もさらに私のオステオパシーが磨かれるように努力いたします。

磨き上げたオステオパシーによって、月が丘整骨院にご来院いただく患者さんに

より良い施術をご提供できるように努めます。

旧年以上に、より多くの方にオステオパシーを知っていただき、オステオパシーによって一人でも多くの方が幸せになれるように広報も、勉強も更に更に頑張って参ります。

 

来年もどうぞオステオパシー整体院 月が丘整骨院をどうぞよろしくお願いいたします。

 

item.90.1

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問い合わせ、ご予約はこちらからどうぞ。

お電話は078-995-3037です。

私が施術中の場合、お電話を取ることができないことがございます。

その場合は、お名前とお電話番号をメッセージに残していただければ、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

メールは24時間受付いたしております。

お気軽にどうぞお問い合わせください。

 

 

 

腰痛①

2017年09月29日

こんにちわ!

 

あなたの治りたい!を叶える整骨院。

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院 多田です。

 

youtsu_man

 

腰痛はなぜ起こる?

国民の80%は経験したことのあるという腰痛。

5人の内4人は腰痛を経験したことがあるということになり、腰痛を知らない人を探す方が難しいことになります。

国民病ともいわれるこの腰痛がなぜ起こるのか?

そして腰痛がなぜ一般的には治りにくいのか?

その原因を少しでもたくさんの方に知っていただくため、月が丘整骨院のブログで腰痛について書いていきたいと思います。

 

cof

 

腰の構造

腰と呼ばれる骨格は、腰椎が5つ、骨盤を構成する左右の腸骨と腰椎をのせる仙骨と、仙骨の先についている尾骨からなります。

IMG_20170828_202807_LI (2)

この骨格構造を支える強力な靭帯がそれぞれの関節に付着しており、からだの自然な動きの中で逸脱したズレを引き起こさないように強固にそれぞれの骨を連結しています。

腰椎のほか、背骨は頚椎7個、胸椎12個がありますが、この脊柱を構成する椎骨一つ一つには大きな穴が開いており、それが連結することで脊柱管を形成します。脊柱管には頭蓋の後頭骨の大孔から脊髄神経が脊髄硬膜、脊髄くも膜、脊髄軟膜に覆われて、尾骨にまで達します。

脊髄神経は、腰椎の2番の高さで馬尾神経と呼ばれる神経に分かれ、更に以下の腰椎、仙骨、尾骨まで下降します。脊髄神経を覆っていた硬膜は外終枝と呼ばれる形になって尾骨に付着します。

この脊髄硬膜の構造は、からだに起こる様々な症状の理解に非常に重要です。

頭蓋骨と、骨盤帯の尾骨、脊柱の先端と末端が物理的に強力な結合が存在するという意味ですから、腰痛のみならず、頚部痛、頭痛、背部痛、内臓症状など様々な症状を理解するうえで重要な構造です。

また尾骨は骨盤との靭帯連結、骨盤底筋の停止部としても非常に重要な役目がありますから、尾骨も腰痛の原因としてしっかり把握できなければいけません。

 

神戸市西区で椎間板ヘルニアの症状を改善された月が丘整骨院の患者さんの声はこちら

 

筋肉

腰を支える筋肉は主に、

  1. 大腰筋(だいようきん)
  2. 腸骨筋(ちょうこつきん)
  3. 脊柱起立筋群(せきちゅうきりつきんぐん)
  4. 腰方形筋(ようほうけいきん)
  5. 臀筋群(でんきんぐん)
  6. 後背筋(こうはいきん)
  7. 腸頸靭帯(ちょうけいじんたい)

など、多くの筋肉によって支えられ、可動性を保持しています。

特に筋肉の過緊張が原因で引き起こされる腰痛の原因となるのは大腰筋と言われています。

この大腰筋は、立位での姿勢保持に重要な役割を果たすほか、歩行動作の起点となる非常に重要な筋肉です。

これらの筋肉の過緊張は、たとえ背骨の椎骨と椎骨をつなぐ小さな筋肉であっても骨格バランスを崩し、腰痛の原因になりえます。

3353700

神戸市西区で坐骨神経痛の症状を改善された月が丘整骨院の患者さんの声はこちら

 

腰痛にかかわる内臓

一般的な腰痛の認識は、

  • 骨盤帯がズレているから腰痛になる
  • 腰を支える筋肉が硬くなっているから腰痛になる
  • 腰を支える筋肉が弱っているから腰痛になる

といった具合に、筋骨格系の問題が腰痛の原因であると捉えられています。

しかし、人のからだは骨と筋肉だけでできているわけではありません。

もちろん筋肉と骨によって、からだは支えられ動かすことができますが、からだの構成要素は他にも内臓や神経、血管など様々な構造物によって形作られています。

そしてこれらの構造物は「筋膜」という組織でつながっています。

腰部、骨盤部の内臓器は腰椎の可動性、骨盤内の可動性およびバランスに非常に影響を及ぼします。

腹部内臓の消化器官、泌尿器官の一部は腹膜と呼ばれる腹腔を裏打ちする筋膜の後ろ側にあり、脊柱の前面に密接していて腰椎の可動性に大きな影響を与えます。

小腸をつなぎとめている腸間膜も腹腔後面を斜めに走っており、腰椎の前面を通っていますから、やはり腰椎の可動性やアライメントに強く影響します。

骨盤内の臓器は、特に女性の場合生殖器官は強力な靭帯によって支持されており、その問題は腰痛だけでなく股関節痛や、膝痛などの下肢症状、むくみなどの循環障害など様々な問題を引き起こします。

2763016 2763020

病気による関連痛が原因の腰痛を除いて、腰痛に共通することは、痛みを引き起こしているのは筋、骨格系のアンバランスであるということです。

正常な筋肉の伸縮性、柔軟性が維持され、関節が正しい位置で動き、関節を支える靭帯に余計な機械的負荷がかかっていなければ、人のからだの痛覚は刺激されません。

しかし、

  • 筋肉が過緊張を起こしている
  • 筋肉の柔軟性が失われている
  • 関節の可動域が制限されている
  • 関節の運動軸がズレ、靭帯に余計な張力がかかっている

などの原因によって本来のからだのバランスが崩されると、からだはバランスを何とか保持しようと余計な筋肉の緊張を作り出します。

 

このバランスを崩す原因こそが腰痛の根本原因であり、筋肉の過度の緊張を引き起こしたり、関節の可動性を損ねたりしています。

この腰痛の根本原因が取り除かれない限り、いくら筋肉の緊張をほぐしたり、ストレッチをしたり骨格矯正をほどこしてもうまくいきません。

腰痛が繰り返される、スッキリと良くならない、いつまでも治らないのは、腰痛の本当の根本原因が見逃されているからなのです。

 

神戸市西区で腰痛を改善された月が丘整骨院の患者さんの声はこちら

 

腰痛の本当の根本原因

からだのすべての組織は「筋膜」でつながっています。

だからどんなに腰から離れた場所、例えば足であったり、手であったり、頭蓋骨であったり、一見関係なさそうな腹部の内臓だったりが、からだのバランス、腰椎骨盤帯のバランスを崩す原因となっていることがあります。

腰痛を根本から施術するためには、筋骨格だけのバランスではなく、からだを形作る全ての組織の関係性を理解する必要があります。

 

オステオパシー整体

オステオパシー整体は、解剖学の正しい知識によって施術されます。

正しい解剖学の知識によって、位置が乱れている、正しい関係性を保持していない関節、可動域が制限された関節、異常な緊張を持っている筋肉、そしてそれによって崩されたからだ全体の骨格、筋肉バランスが分かります。

月が丘整骨院の腰痛施術は、オステオパシーの原理原則に従って腰痛の根本原因を見つけ出し、解剖生理学の知識に基づいて正しくからだが働き始められるよう矯正します。

無理な力を使わず筋肉を緩め、関節を正しい位置に矯正し、内臓の硬さやゆがみを矯正するため、神戸市西区の患者さんのみならず、神戸市北区、中央区や隣の三木市、明石市、小野市、他府県からの患者さんにもお越しいただき、大変多くのお喜びの声をいただいています。

 

 

腰痛シリーズ②以降では、それぞれどのような問題によって腰椎、骨盤帯のバランスが崩れるのかを症例を交えながらお話したいと思います。

 

 

もしあなたが腰痛でお困りで、今受けている施術に満足されていないようなら、一度月が丘整骨院にご相談ください。

item.90.1

 

マッサージや電気治療、カイロプラクティック、鍼灸、理学療法などでも良くならなかった腰痛が、月が丘整骨院で初めて良くなったと喜んでいただいている患者さんもたくさんおられます。

悩んでいても始まりません。

お問い合わせだけでも是非ご連絡ください。

あなたが腰痛を治すお手伝いを、私にお任せください。

5H0A2387

 

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問い合わせ、ご予約はこちらからどうぞ。

お電話は078-995-3037です。

メールは24時間受付いたしております。

お気軽にどうぞお問い合わせください。

台風一過の晴天にご注意

2017年09月20日

こんにちわ!

 

あなたの治りたい!を叶える整骨院。

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院 多田です。

 

panda_pm25

今週の週明け月曜日は台風一過。

とても晴れやかな青空でしたね。

連休の最終日ともあって、行楽を楽しまれた方も多かったようです。

 

ですが、台風一過の青空は要注意です。

なぜなら、とても空気がきれいになっているのはいいですが、空気がきれいになっているということはまたすぐに大陸からものすごい量のPM等の大気汚染物質が飛んでくるということです。

こちらは日本の各地のPM濃度を知らせてくれるページです。

PM2.5、大気汚染ハザードマップ

全国的に結構な濃度になっています。

町中も靄がかかって本当に空気が重たいです。

朝のラジオの天気予報も、

「今日は大陸から帯状の雲が流れてきて…」

と言っていました。

つまり、大陸の汚れた空気も大量に日本上空に流れてきているということです。

昨日も連休最後の夜から急に体調が悪くなって…という患者さんが何人もおられました。

 

急に眠れない、急に首が痛い、急に肩が痛い、急に眠れない程の肩こりになった。

急に腰が痛い、急にしんどい、急に背中が痛い。

 

大気汚染にかかわる症状は、じわじわと真綿で首を絞められるかの如く身体を蝕んでいくものもあれば、突然体の中で何かが急ブレーキを踏んだかのように体調が悪くなってしまうようなものもあります。

突然咳がひどくなった。

突然肩が痛くて身動きをとることもできない。

 

普通の急性症状ではありませんから、正しい処置を施さなければなかなか症状が改善しません。

 

もし、急な体調不良、原因の分からない体調不良、慢性疲労、改善しない不眠症、何をしても治らない腰痛、首痛、背中の痛み、頭痛、などでお困りの方は月が丘整骨院にご相談下さい。

 

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問い合わせ、ご予約はこちらからどうぞ。

お電話は078-995-3037です。

メールは24時間受付いたしております。

お気軽にどうぞお問い合わせください。

どんどん自分のからだが良い感じになっていく

2017年04月11日

こんばんわ!

オステオパシーで患者さんの健康を守る整骨院。

月が丘整骨院 多田です。

sdr

今日は春の嵐でしたね。

今日は娘の入学式で、午前診療をお休みさせていただきました。

ありがとうございます。

 

初々しい新一年生はなんとも可愛らしく、輝いていました。

夢と希望に胸膨らませ、新しい生活の始まりです。

娘のキラキラした目を見て顔がほころんでしまいます。

 

週末から続いた雨もようやくあがるようですね。

今日も寒かったですが、明日からは暖かくなりそうです。

 

雨続きで湿気がこもったり、花冷えで気温差で体調を崩されないように皆さんお気を付けくださいね。

 

黄砂やPM2.5、花粉以外にも嫌なものが飛んできているみたいです”(-“”-)”

急に体調がおかしいなと思ったら、変に我慢しないでくださいね。

風邪気味なら内科に。

鼻炎やアレルギーなら耳鼻科に。

 

もしそれでも症状が改善せずに長引くようなら、月が丘整骨院にご相談ください。

いつまでも治らない辛い症状は我慢しないでください。

早めの対処が後々の経過を左右します。

 

今日は、以前にご紹介させていただきましたDさんに治療のご感想を頂けましたのでご紹介させていただきます。

 

1.どのような症状でご来院頂きましたか?

・身体全体の倦怠感

・朝、起きるのがつらい

・すぐにつかれる

等々の不調のため

 

2.施術前と施術後の体の変化を比べてどうですか?

・その日、他所の無理をしてもリカバリーが早くなった

・身体の動きがスムーズになった

 

3.今までに受けた治療と比べてどうでしたか?

・いわゆる普通の整体を受けた後は、揉み返しがひどくて逆に2,3日、身体が痛くなって動けなかったり熱が出たりしていて通院して治してもらおうとする気持ちが続かなかった

 

4.体が回復して良かったこと、うれしかったことは何ですか?

・すぐにつかれてしまうから…と思って、やる前からあきらめていた事を、”やってみよう!!”と思えるようになった。

 

5.同じような症状でお悩みの方へのアドバイスやメッセージがありましたらお願いいたします。

・つぎにまた治療をしていただきたい!!って思えることが1番だと思います。

通院して治療をしていく中でどんどん自分のからだが良い感じになっていく事を本当に実感できます。

土肥輝子_

 

以前にもDさんの症例はご報告させていただきましたが、その後数回の治療を重ねてずいぶんと調子を取り戻していただけているようです。

 

これまでは、何とか体調を良くしようと治療を受けても、からだの拒絶反応がきつすぎて治療を継続できず、どんどんと悪くなってしまう体調を我慢するのがやっとだったようです。

 

Dさんの一番の体調不良の原因は重度の乳糖不耐症によるものでした。

乳糖不耐症によるからだの中の問題に対してバランスをとるためにバランスを崩しているからだを無理やり元に戻そうとすることによって、からだの拒絶反応が起きてしまっていたのです。

原因をきちんと見つけ出し、それを踏まえたうえで、からだの生理学的な正常な機能が取り戻せるようバランスを崩した構造を正しく矯正していけば、からだは素直に治療を受け入れ、そして本来の健康な状態へとバランスを取り戻していきます。

 

どこへ行っても治らない痛みや症状でお困りの方は、ぜひ一度月が丘整骨院のオステオパシーを受けてみてください。

思いも

よらなかった体調不良の原因が見つかるかもしれません。

 

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問合せ、ご予約はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

春霞の早朝ランニング

2017年03月6日

おはようございます。

 

オステオパシーで患者さんの健康への想いに寄り添う整骨院。

月が丘整骨院 多田です。

 

cof

 

昨日は日曜日。

もちろん週末早朝ランニングは行ってまいりましたよ。

ただ、昨日の間にブログ更新できませんでした。(;´・ω・)

 

もうすぐ私が通っているJTOC(日本トラディショナルオステオパシーカレッジ)

学年末実技テストがあるんですね~(-_-;)

 

この1年間の成果を評価される、進級できるかどうかの非常に重要な試験があるんです。

この週末もわざわざ試験勉強のために鳥取から出てこられる先生もおられ、一緒に練習させていただいた昨日の時間は非常に有意義な時間でした。

 

さて、昨日は新神戸駅からまだ北側の十二支天神という場所を目指しました。

どんな場所かというと…

全くわかりません。(;^_^A

 

カーナビの地図でたまに名前を見かけて気になっていたので、思い切って足を向けてみました。

朝の静かな北野異人館通りを抜けて新神戸駅へ。

 

新神戸駅は上から新幹線を見れるようなちょっと変わった作りの駅です。

その上を通る高架を抜けると一気に急な坂道に。

 

近所ながら全く知らない路地を走るのは、子供の頃の探検隊のような気分になります。

布引中学校を横に見ながら急な階段を駆け上がると、一気に大阪湾への視界が開けます。

そこから更に坂を上ると、雷鳴寺というお寺があります。

 

結局そのお寺の中に十二支天神があるようなのですが…

どれが十二支天神なのかわからず…ちょっと不完全燃焼。

 

ですが、山の高い木の上で沢山の鳥の群れのさえずりを聞くと、やはり春が近づいているんだなと季節の変化を感じます。

sdr

 

境内から撮った写真ですが、大阪湾は春霞ですね。

大阪側が全く見えません。

気温の変化のかすみなら良いのですが…

 

完全に黄砂ですね。これ。(-_-;)

2014年3月の日本経済新聞で、国立環境研究所(茨城県つくば市)が

「中国大陸から飛来する黄砂の濃度が高い日は、救急搬送の数が増えるとの研究結果」

を発表したことを伝えてくれています。

もちろん現在も、黄砂、PM2.5の人体への影響は研究されているところではあります。

この研究発表によると、「黄砂濃度が高い日は黄砂がない日に比べ、搬送数が12%多かった。心臓病と脳卒中の循環器疾患に限ると21%増えた。」

とのこと。(研究は統計学的に処理し、気温や湿度、曜日といった黄砂以外に要因となりうる要素を除いた、としています。)

 

怖いですね。Σ(・□・;)

 

黄砂やPM2.5の害はまだまだ研究途上で、人体への影響や被害、環境への影響など分かっていない部分もあり、我々一般人にもその情報は届いていないものもあります。

 

最近、周りで咳をしている人はいませんか?

最近、寝ても寝ても疲れが取れない、寝足りないといったことはありませんか?

最近、体調不良が続いていませんか?

最近、肩こりや頭痛、腰痛がひどくなったりしていませんか?

 

これらは、黄砂の影響も十分に考えられます。

 

黄砂は予防が一番です。

マスクをしましょう!

私も走りに行くときもマスクは絶対に欠かしません。

 

これからいよいよ黄砂の量が増える時期ですから、予防をしっかりして元気に春を迎えましょう(*^-^*)

 

 

 

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問合せ、ご予約はこちらからどうぞ。

外傷の記憶に引っ張られた首の痛み

2017年01月29日

こんばんわ!

 

オステオパシーで患者さんを笑顔にしたい!

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院 多田です。

 

今日は、なんとはるばる石川県からお越しいただきましたSさんの症例です。

 

Sさんは甘いマスクに空手で鍛え上げたたくましい体が印象的なイケメンです。

Sさんは私と同業でオステオパシーを一緒に勉強している仲間でもあります。

きっとSさんの患者さんは、この甘いマスクの笑顔にやられているんでしょうね~(´∀`*)

男が嫉妬するくらい男前です。(写真がないのが残念…次来てくれた時には写真撮りましょう)

karate

Sさんの症状は、5年前から痛くて曲がらない首と、2週間前にやってしまったぎっくり腰、

慢性の倦怠感、疲労感でした。

 

いつもセミナーでお会いするたびに、悪い体やな~とは思っていました。

一体どんなことになっているのか気にはなっていたのですが…

検査をすると、頚椎はガタガタですね…(´Д`;)

空手で鍛え上げた体は外傷だらけで大変なことになっていました。

 

やっぱりコンタクトスポーツ、武道は体には良くない…この系統のスポーツ選手は健康を維持していく上で、引退後も健康であるためにはこまめなケアは絶対必要だなと強く感じました。

 

手には拳で打ったであろうベクトル(外傷のエネルギーは一直線の力の通り道として体に残ります。)、脚には打撃を打ったり受けたりした組織がざ滅してしまって、筋膜の滑りが起こっていない…(´Д`;)

これら四肢に起こっている問題を代償するために体幹にはかなりの筋膜の捻じれやそれのバランスを取るための関節のズレが起こっていました。

 

体幹に受けた打撃のダメージもやはり、大きなねじれを起こしており、四肢の代償パターンと複雑に絡み合ってしまっていました。

 

中でも最も強力に影響が残ってしまっていたのは、胸郭の外傷。

心臓がねじれてしまって左の肺と癒着を起こし、胸郭がほとんど動けない状態になってしまっていました。

胸郭が動けないということは、正常な呼吸が出来ません。(呼吸するためには肋骨が正常に動いていないといけません。)

正常な呼吸ができないということは、常に十分な酸素を体に送り込むことができません。いつも酸欠状態ということです。

心臓も強力にねじれていたため正常な循環活動をすることができません。

更にはねじれが強力すぎて関連する内蔵臓器の位置まで引っ張り込んでしまってもはや、体幹の中までバラバラの状態になっていました。

 

なるほど。だからいつもしんどそうだったのね~(´Д`;)

 

これらの全ての病変の代償を頚椎で行っていました。

ものすごい強力な筋膜のねじれの牽引力で首が引っ張りこまれてしまって、亀の首を引っ込めかけたような状態になっていました。

Sさんは頚椎自体が緩い方なので、代償によってかけられた力で頚椎があっち向きこっち向きしてしまっていたんですね。

また、最近肘の手術もして骨を削ったとか。

これもからだに大きな影響を与える問題になっていました。

 

治療は、あまりのからだの状態の悪さに、2日間に分けて行いました。

まず、胸郭の外傷のトラウマから開放しにかかりました。

かなり強力なベクトルが入ってしまっていて、初回の治療の3分の1はこれにかかりました。

しかもこの胸郭の外傷は、Sさんのからだの記憶に深く刻み込まれていたようで、脳の海馬とも関連を持ち、強力にからだにくさびを打ち込んでいました。

 

時間はかかりましたが、これを解放することによって、頚椎のアライメントは自ら整い始めていました。

次に、左右の仙腸関節(骨盤の左右の大きな関節です。)が完全にずれていたのでそれを正しい位置に戻す骨盤矯正を行いました。

特にSさんは右側の腰の痛みと違和感をうったえていました。

右の腸腰靭帯(腰部の仙腸関節、腰仙関節(腰椎と仙骨の関節)、そして腰椎と腸骨を繋ぐ強力な靭帯)は右脚の筋膜と関連して非常に硬い状態になり、腰部の可動性を強力に制限していました。

この腸腰靭帯もしっかりと緩め、頭蓋の調整を行うことで初日の施術を終えました。

 

この時点で、頚椎の動きは6割くらい改善、腰の痛みも軽減し可動性もかなり向上していました。

 

2日目。

首は、他の残った問題に引っ張り戻されて痛みと可動制限が戻りつつありました。

腰は痛み、違和感は残るものの施術前の状態よりは改善していました。

 

残った問題もなかなか強力でした。

脚と肩の筋膜のねじれとざ滅部の筋膜の問題を解消するための筋膜リリースを行い、手術痕の骨を骨端線からからだ全体と同調させました。

(手術による患部は時として体とバラバラの状態になってしまって、からだのバランスを崩す原因になっていることがあります。)

 

特に、心臓が十分に機能できない状態だったので、全身的に循環の問題を起こし、それによって現代の大問題、大気汚染の影響を自らの体で処理できない状態になっており、どんどん体に貯まり込んで…恐ろしいことになっていました。(´Д`;)

 

しかもSさん水をあまり飲まない…完全な脱水状態で筋膜の浅い層が全然滑っていませんでした。そこに大気汚染物質が関連し、全身に鉛でもつけているんじゃないかという体の動きの悪さ(´;ω;`)

 

しかし、これらすべての問題を施術したあとは、全身の血液もリンパも脳脊髄液もすべての循環がしっかりと流れ出し、からだが良くなっていこうとする力が湧き上がってきているのを感じることができました。

 

 

過去の外傷の問題は、時としてからだに大きな問題を引き起こすことがあります。

それは、受傷直後だけでなく、時間が経過したあとも大きな問題として全く別の場所に症状が引き起こされることがあります。

 

患者さんの訴える症状は何が問題となっているのか?

また、その根本原因となる部位の問題はどのようにして起こったのか?

それを知るということは、どのようにアプローチすることが最も患者さんのからだを正しい方向に解放し導いてあげられるのか正しく判断する材料となります。

だから問診はとても大切ですね。

患者さんとのお話の何が治療のヒントになるかわかりません。

患者さんとの信頼関係を築くことも、治療の判断を誤らないための大切なポイントだと思います。

どんな問題が症状を引き起こしているのか。

その問題は解決したのか?あるいは継続的に施術が必要な問題なのか?

残った問題は再び症状を引き起こすリスクをはらんだものなのか?

そのリスクを軽減するために患者さんには何をしてもらえばいいのか?

施術後そのいい状態を維持し、回復を促すために何が必要なのか?

 

オステオパシーは筋膜にアプローチして患者さんのからだの状態を評価しますから、問診だけでは把握できないようなことも検出することができます。

患者さんへの健康管理のためのアドバイスは、一般的な療法では見つけられないこともアドバイスしてあげることができるのでとても重要なことですね。

 

Sさんお水しっかり飲んでくださいね!(*゚▽゚*)

 

 

頚部痛、腰痛、慢性疲労の治療を行う神戸市西区オステオパシー整体院月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問い合わせ、ご予約はこちらからどうぞ。

 

止まらない咳も整体で止まる!

2016年12月26日

こんばんわ!

 

月が丘整骨院 多田です。

 

最近周りで咳き込む人をよく見かけます。

今日は「止まらない咳」でお困りだった、三木市志染町からお越しのTさんの症例のお話です。

 

DSC_2088

 

ちょっと待って!?咳で整体!?

咳が止まらないなら内科でしょ?と思われるかもしれません。

ですが、月が丘整骨院のオステオパシー整体はちょっと違います。

 

Tさんは数年前から季節性に、咳が止まらなくなる症状を何度も繰り返し、発症するたびに我慢しておられました。

しかし、段々とその症状は悪くなる一方で、

  • 咳の具合が段々とひどくなってきた。
  • 咳が止まらない期間が長くなってきた。
  • 人と話をしていても咳き込んでしまう。
  • 夜寝ていても咳き込んでしまって、寝られない。
  • 胸が苦しくなるほどの咳が出始めた。
  • 病院で薬をもらってもまったく効果がない。
  • 病院で処方してもらった薬で血圧が異常に高くなってしまった。

 

もともとTさんは病院が苦手だそうで、これまでも極力お薬を飲まないように気を付けてこられたそうです。

しかし、原因が分からない「止まらない咳」に、我慢しきれなくなって病院に相談されたそうですが、薬は効かないし、血圧は上がってしまうしで困り果てて、月が丘整骨院にご来院いただきました。

 

以下感想文

 

  • Q.どのような症状でご来院いただきましたか?
  • A.咳が長く続いたので。
  •   咳の症状も日がたつにつれ、胸の圧迫感も伴うようになってきていました。
  • Q.施術前と施術後の体の変化を比べてどうですか?
  • A.咳がほとんどでなくなりました。
  •   咳が出ていたのを忘れる位です。
  • Q.今までに受けた治療と比べてどうでしたか?
  • A.初めは他の病院でお薬を飲んでいたのですが、一向に変化なく良くなるど
  •   ころかひどくなっていき、とても不安だったのです。
  •   日に日に咳の回数も減り、人との会話も妨げられることなく、又、休む前に
  •   必ずといっていい咳き込みがなくなり喜んでいます。
  • Q.体が回復して良かったこと、嬉しかったことは何ですか?
  • A.元々お薬は飲みたくない方なので、飲まずに済んで、しかも嘘のように回復
  •   したことです。
  •   咳だけでなく、それに伴って胸の圧迫感もなくなり本当に来院して良かった
  •   と思っています。
  • Q.同じような症状でお悩みの方へアドバイスやメッセージがありましたらお願
  •   いいたします。
  • A.お薬に頼らないで、このような施術をされているところもあるのでぜひ一度
  •   受けられたらいいかと思います。
  •   痛みもなにもありません。

DSC_2090

 

今、Tさんのように止まらない咳でお悩みの方は非常に多いです。

しかも、薬が効かないとなるといつ治るのか不安ですね。

 

月が丘整骨院のオステオパシー整体は、その症状に対して施術するのではなく、

  • 「なぜその症状が引き起こされているのか」
  • 「なぜその症状が治まらないのか」
  • 「からだの自然治癒力を妨げている問題はなんなのか」

を見つけ出して、その症状の根本原因を施術します。

自然治癒の力を妨げる問題は、必ずからだの骨格構造にあります。

ある骨が正常な位置から逸脱することによって、本来の生理学的な機能が抑制されてしまうことで人は病気になります。

その構造の問題が重大な問題であった場合、その症状は自然治癒の力だけでは解決できなくなってしまいます。

 

月が丘整骨院のオステオパシー整体は、その治らない症状の根本に隠された構造の問題を見つけ出し治療します。

ですから、一般的には整体治療の範疇ではないと思われるような症状でも、しっかりと効果が出せるのです。

 

Tさんは、何度も手術をしておられるので、それによって筋膜、腹膜のねじれ、ゆがみが生じ、骨盤や、肋骨、背骨、頭蓋などに骨格構造のずれを生じていました。

その結果、肺のリンパ循環が阻害されてしまい、咳が止まらないという症状が出ていました。

 

特に、数年前から中国から流れてくる大気汚染物質といった、非常に人体に有害な汚染物質によって症状が引き起こされているものは、厄介な問題です。

肺や、心臓、他の内臓系、果ては血液循環に乗って脳やからだの抹消の毛細血管にまで入り込んで重大な問題を引き起こしたりします。

 

これらの問題が、咳や鼻水などのアレルギー症状だけでなく、筋膜のつながりによって骨格構造をゆがめてしまうという状態が、人のからだに起こり始めています。

 

  • 肩こりがひどくなった。
  • 頭痛がひどくなった。
  • 腰痛がひどくなった。
  • 背中の痛みが治らない。
  • 首が回らなくなった。
  • 膝が痛くなった。
  • 疲れが取れなくなった。
  • いつも眠たい。
  • 夜眠れない。

どの症状も一見すると、大気汚染と何の関係もないように見えますが、全て、大気汚染が原因の症状に当てはまるんです。

どれも一般的によくある症状で、なかなか調べてもわからないものなので余計に厄介です。

症状が、すぐに改善しなかったり、いつまでも治らなかったりといったものは、大気汚染によるからだの問題と考えられる場合があります。

 

月が丘整骨院では、症状ではなく、その症状を引き起こす問題を見つけ出して治療していきます。

一般的な整体で治らない症状、お薬を飲んでも改善しない症状でお悩みの方は是非一度、

神戸市西区の月が丘整骨院にご相談ください。

 

神戸市西区でオステオパシー整体治療、不定愁訴の治療の月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問合せ、ご予約はこちらからどうぞ。

 

今年最後の研修 視床セミナー

2016年12月25日

こんばんわ!

 

月が丘整骨院 多田です。

 

昨日と今日はクリスマスの連休だというのに、セミナー受講でした。(^_^;)

子供たちには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、どうしてもワクワクする気持ちが抑えられないセミナーでした。

 

初めてオステオパシーの研修を受けた時に、

新鮮例の足のゆびの骨折の痛みを瞬間で止めてしまうデモンストレーション。

チック症で激しく頭と方がポップする患者さんの症状を全くゼロにしてしまうデモンストレーション。

 

どちらも私のそれまでの常識をくつがえす、雷に打たれたような、カナヅチで頭を叩かれたような、周りの世界が瞬時に崩壊するような何とも言えない衝撃を未だに強く覚えています。

 

そのデモンストレーションで師匠が使っていたテクニックが、まさに今回のセミナーのテーマである「視床のテクニック」でした。

 

その師匠が、視床のテクニックを教えてくださるめったにない機会を得ることができたのですから、申し訳なく思いつつも、興奮が抑えられませんでした。

 

視床のテクニックは、当たり前ですが、脳の中心部分にある視床にちゃんとコンタクトできなければ、絶対に出来ませんし、その動きを正確に評価できなければ、効果は出ません。

 

4年前に初めてこれを見たときは、自分がこれを学ぶ日が来るとは夢にも思っていませんでした。

この視床のセミナーを受講できるというだけで、興奮が抑えられない自分が何とも可笑しかったです。

 

実際、セミナーでテクニックを一つ一つ教えてもらい、それを練習するたびに、感動と興奮でした。

ちゃんと脳の組織の構造の形がわかる。

視床の動きがちゃんと分かる。

リリースしてちゃんと変化が起きている。

 

この4年間の色んな悩みや、治療で結果が出たときの喜びや、上手くいかなかった時の悔しさや、いろんな感情が走馬灯みたいに(まだ死にませんが(笑))なっちゃいました。

それくらい今回のセミナーは私にとっての大きな区切り、転機となるセミナーでした。

 

オステオパシーは非常に学び始めは難しく感じると思います。

手の感覚も、学ぶ内容も、どの養成校でも教えてくれないことばかりで、学ぶ量も膨大で、学んでも学んでも終わりがなく、なかなか治療結果も出せず、実際に諦めてしまう先生方も多いです。

私が学び始めた時期に、一緒にスタートした他の先生方、残念ながら残っている先生はほとんどいません。

最初の頃、よくセミナーで見かけて仲良くなった先生たちもいつの間にか見かけることもなくなった先生がほとんどです。

ですが、JOPAが提供してくれるオステオパシーを学ぶセミナー構成は素晴らしいです。

これは、私が協会側の人間だからではありません。

オステオパシーを学び始めたとき、私には大した治療技術もありませんでした。

これと信じて施術してきたものに大した価値がなかったと知らされた時のショックも今でも覚えています。

そんな私でも、4年間集中してJOPAで学んだ結果、出来るとも思ってもいなかった脳のテクニックを習得するに至ることができました。

 

これは、私の師匠のオステオパシー教育にかける情熱を信じて学び続けた結果です。

師匠への感謝の気持ちしかありません。

 

今、私と同じようにオステオパシーを学んでいて、悩んでおられる先生方たくさんいらっしゃると思います。

私もさんざん頭を抱えました。今後も間違いなく壁にぶちあたりながら、頭を抱えながら進んでいきます。

しかしそれでも、オステオパシーは素晴らしいです。オステオパシーは、困っておられる患者さんを幸せにすることができる本当の医療です。

我々オステオパシーを学ぶ人間が少しでも上達し、少しでもその信念を持った人間が増えれば、それだけ多くの患者さんが幸せになれるはずです。

 

今後、セミナーでお会いするであろう初学の先生方には、私は自信を持ってお伝えしたいことがあります。

JOPAで、強い意志を持って学べば、オステオパシーは決して難しくありません。

ただちょっと勉強しないといけない量が多いだけです…(笑)

 

私のような人間でも、ここまで来ることができたのですから。(笑)

 

これからも日々知識と技術を研鑽し、患者さんに本当に良いものを提供できるように頑張ろうと、初心の思いを新たに決意しました。

また、日本に一人でも多くの良いオステオパスが増えるよう、伝える側の人間としての責任の重さも強く感じました。

 

今年もあとわずかですが、最後まで気を緩めず、良い新年を迎えられるよう頑張ります。

 

 

神戸市西区の整体、オステオパシー整体の月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問い合わせ、ご予約はこちらからどうぞ。

 

 

 

寝違いはすぐ治る!無痛整体オステオパシー

2016年12月22日

おはようございます!

 

月が丘整骨院 多田です。

 

今日は、昨日寝違いでご来院いただいたTさんの症例のお話です。

 

Tさんは時々からだのメンテナンスで当院にご来院いただく、なんとオペラ歌手さん!

先日も舞台の前にメンテナンスでご来院いただいたのですが、昨日は急に寝違えたとのことでした。

opera_singer

 

お話をうかがうと、

「一昨日、ちょっと硬い床でお昼寝をした後に、背中から首肩にかけて強い痛みが出てしまって一日たっても全然痛みが引かない」

とのことでした。

さらにお話をうかがうと、先日の舞台の際に、右太ももの裏(ハムストリング)を痛めてしまったとのこと。

ハイヒールでラインダンスを踊るようなかなり動きのある舞台だったらしく、激痛をこらえて舞台をやりきったそうです。Σ(゚Д゚)

(痛みに弱い私は、そのプロ意識に脱帽です(;´・ω・))

 

検査をすると、右側の3番、5番の肋骨が前方に滑り込んでしまって、さらに頚椎の6番も大きくバランスを崩してしまっていました。

この二つのずれによって強い痛みを引き起こしていました。

 

問題は、先日施術したばかりでなぜこんなにバランスを崩してしまったのか?

 

原因は、ハイヒールにありました。

ハイヒールは、ただ履いて歩くだけでも骨盤のゆがみを作ってしまう非常に危険なおしゃれアイテムです。

ましてやそのハイヒールでラインダンスを踊る…

人間の可能性へのチャレンジかと思ってしまいました。

 

検査の結果、右足の距骨と舟状骨の関節が、舟状骨が足底方向に滑ってしまい、

そこから右下肢全体、特に外側にある腸脛靭帯の筋膜を強く引っ張っており、そこから骨盤がバランスを崩し、筋膜の張力が背中、首まで到達してしまっていました。

この筋膜の緊張が、骨盤の可動性を低下させた結果、ハムストリングの柔軟性が低下し、肉離れの原因にもなってたんですね。

 

なぜ距骨と舟状骨の関節がずれてしまったのかを探ると、右足の第3趾の関節がずれてしまっていました。

これは、ハイヒールでつま先立ちの状態になってさらに、ラインダンスの足を挙げる動作を踏ん張って耐えていたからです。

(恐るべしハイヒールですね(*_*;)

 

治療は、この趾の関節をより狂った方向にバランスを取る(インダイレクトテクニックと言います。)ことで首まで到達してしまった筋膜の緊張、ねじれを取り去るところから始めました。

これによって、骨盤のずれ、肋骨の前方滑りもうまく正常な位置に収まってくれました。

後は、頚椎の6番の関節を矯正し、肋骨に引っ張られていた肋間静脈の引っかかりを取ってしまえば、もう首肩背中の痛みはすぐに解消していました。

 

一般的に背中の痛みはとりにくいといわれているようですが、原因さえ明確に分かっていれば、その場で痛みを取ることも難しくはありません。

 

今回の症例では、一見すると関係ないような足の肉離れという外傷も、急な寝違い、背中の痛みと関連があったというからだのつながりの関係性が見えてきます。

どんな不意の痛みや外傷であっても、何らかの因果関係が存在するということを知っていただければと思います。

 

肉離れも、断裂した筋肉をすぐにつなぐことは出来ませんが、原因となった周りの筋膜の緊張やよじれを正すことで、痛みを軽減させ、回復を早くすることは可能です。

肉離れの痛みはなかなか引きにくく、断裂部が治癒した後もいつまでも引き連れた感覚が残ったり、痛みを残してしまうのは、こういった根本の原因が解決されていないということもあります。

 

 

急な寝違いや背中の痛みも我慢せずにすぐ治療を受けていただくことで、早期回復につながります。

急性外傷も、その直後の処置の仕方で予後は大きく変わってきます。

 

寝違い、背中の痛み、肉離れのいたみ、その後のリハビリなどでお困りの方は是非一度月が丘整骨院へご相談ください。

 

神戸市西区で寝違い、背中の痛み、肉離れの治療、整体治療、の月が丘整骨院のHPはこちらをご覧ください。

お問合せ、ご予約はこちらからどうぞ。

 

鹿児島からご来院!整体で姿勢が変わった!

2016年12月15日

こんにちわ!

 

月が丘整骨院 多田です。

 

今日は今ちょっと休憩中です。(朝からノンストップでしたので(;^_^A)

月が丘整骨院はお昼休みはありません(^▽^)/

 

今日は鹿児島からご来院のMさんの症例のご紹介です。

Mさんは同じオステオパシーの協会で勉強している若いのにすごい先生なんですが、

からだが悪いことでも有名です。

DSC_2070

今回は神戸に来る機会を利用して、月が丘整骨院まで足を運んでくれました!(遠い所ありがとう!)

 

症状は

「右あし全体の重だるさ」

「背中のしびれ」

「睡眠が不安定(夜中に目が覚める)」

他、全身の倦怠感、姿勢の悪さなどです。

 

時間がもったいないので積もる話もそこそこに検査です。

 

私が感じた問題は、

松果体(睡眠ホルモンを出す)がねじれて強い緊張を起こしている。

右の上顎骨と、前頭骨の骨膜のねじれ。

左の踵骨の骨膜のねじれ。

仙骨の4番5番の間のねじれ。

 

DSC_2073

DSC_2074

 

 

 

 

 

 

 

問診によると、Mさんはご自身が生まれる際に、自然分娩ではあったが、かなり長い時間がかかったとのこと。

私の見立ては、おそらくその際のトラブルで上顎骨と前頭骨の骨膜にねじれが生じてしまったのではないかと。

この二つの骨のねじれが脳にまでひずみを生じさせ、そのひずみによって松果体に緊張が起きていました。

生まれてこのかた頭蓋がねじれたままになっていたため、そのバランスの為に、左踵骨の骨膜にもひずみが生じていたのです。

頭蓋と足の間にある仙骨も、このひずみをため込んで問題を起こしていたのではないかと思われます。

(Mさんの反り腰はかなり有名で、この反り腰の原因ではないかと思いました。)

 

脚のだるさは、このひずみの代償として、足のいくつかの骨のアライメントが狂ってしまい、リンパの流れも悪くしていたこと。

もう一つは、脳のひずみによって右の脳室が狭くなってしまい、脳脊髄液の正常な流れが妨げられてしまっていたことが原因でした。

背中のしびれは、おしりの小さな筋肉の強い緊張によって、筋膜が癒着とねじれを起こし、神経を巻き込んで引っ張っていたため、肋間神経が身動きが取れない状態になっていました。

 

治療は、

  1. 上顎骨と前頭骨の骨膜のねじれを解消し、頭蓋全体のバランスを取る。
  2. 左踵骨の骨膜のねじれを取る。
  3. 仙骨の4番5番の関係性を正常化する。

もっとも重要で時間がかかったのは、この3つでした。

この3つを施術した時点で、かなりからだに変化が出ていましたが、右脚の症状はかなりの年月ゆがみの代償パターンをため込んでいたため、直接施術してあげなければいけません。

 

  • 左右の股関節を正しい位置にはめ込む。
  • 右の殿部の筋肉を完全にゆるめる。
  • 右足の小さな骨(内側楔状骨)のアライメントを戻して、母趾と小趾の関節を矯正。
  • 頚椎の7番を調整。

 

今日の治療はここまででした。

まだ、仙骨の3番にも治療が必要なものを感じているので、症状がどこまで一回の治療で改善するかは経過観察が必要です。

しかし、今日の施術でベッドから起き上がってもらった時に、今まで見たことのないMさんが立っていました。(笑)

 

今まで見たことがないくらい、背筋が伸びて、反り腰が解消していました。(^▽^)/

ご自分でもΣ(゚Д゚)びっくりしていました。

Mさんの場合は、症状を引き起こしている問題がかなり根が深いため、どれだけ施術の効果が持続されるか、どれだけ症状が早く解消できるかがポイントとなりますが、

頭蓋と踵骨と仙骨の施術の効果はすぐに元に戻ることは無いでしょう。

 

脚がだるいからと言って、脚を揉んでいても症状が変わらないものもあります。

姿勢が悪いからと言って、骨盤矯正だけでは変わらない姿勢もあります。

月が丘整骨院では骨盤矯正のその先に、本当にからだが必要としている治療を行っています。

隠された根本原因を施術することで、からだは本来の自然治癒力を取り戻すことが出来ます。

 

なかなか改善しない腰痛や肩こり、しびれ、慢性症状でお困りの方はあきらめずに月が丘整骨院にご相談ください。

 

オステオパシー治療、整体の月が丘整骨院のHPはこちら

ご予約、お問い合わせはこちら

 

 

 

 


1 2