膝の痛み(股関節・足)

脚の痛みを取り除き、あなたのやりたいことを思う存分楽しんでいただきたい!!
こんな悩みをなんとかしたい!!
  • 膝が痛い
  • 膝を曲げると痛い
  • 歩くと膝が痛い
  • 走ると痛い
  • 膝が痛くて階段の上り下りがつらい
  • トレーニングで筋力をつけたが膝の痛みが治まらない
  • よく膝に水が溜まり何度も病院で水を抜いている
  • マッサージや電気治療で痛みが変化しない
  • 旅行に行きたいが膝が痛いので諦めている
  • もっと山登りがしたい

膝は体重がかかる上に可動性も大きく、身体全体のバランスの影響を非常に受けやすい関節です。ですから、膝の痛みは若年者から高齢者まで多くの方を悩ませています。ですが、痛みのある膝だけを治療してもなかなか良くならないといった経験をされた方や、加齢からくる消耗劣化だからと諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか?

膝は骨盤帯や足部のバランスの崩れの影響を非常に受けやすいため、痛みが起きている膝の状態だけではなく、全身を診ることでなぜ膝に痛みが出る状態が引き起こされたのかを正確に把握することが重要です。

月が丘整骨院のオステオパシー整体では、カウンセリングと検査によって画像所見には写らない実際の身体のバランスを正確に把握し、膝に痛みを引き起こす根本原因を見つけ出して治療します。

骨盤体のねじれは単にそのねじれを矯正すればよいというものでもありません。重要なのは腰椎と骨盤の関係性を正しいバランスに安定させることです。そうすることで患部にかかる過剰な負荷のアンバランスを正常化させます。また、膝を構成する大腿骨、脛骨、腓骨の関係性だけではなく周囲の靭帯の緊張、半月板の位置異常、血管、リンパの循環なども施術することによって膝の痛みを取り除いていきます。

変形性膝関節症

変形性膝関節症

変形性膝関節症は、膝を構成する骨の関節面が構造的に変形してしまい痛みを引き起こしているものです。

変化してしまった構造を元に戻すことはできませんが、治療を受けられることで変形症にまでいたった身体のアンバランスを正常化し、膝への負荷を軽減させることで症状を緩和したり、これ以上変形が進行しないようにすることが期待できます。

外反母趾

外反母趾

外反母趾は足の母趾が外側に向いてしまい、症状が進行すると痛みを伴ったり骨の変形が起こったりします。女性に多い傾向がありますが、男性にも外反母趾はあり、多くの方はその自覚がありません。

美容的に問題が有るだけでなく、歩くとすぐ疲れる、症状が進行すれば痛みを伴う場合もあります。非常に多くの方が悩まれている症状ですが、原因はいろいろ言われ、かつてはハイヒールをよく履く人がなるものと言われたこともありますが、ハイヒールを履かない人も多くの方が発症しています。特に最近では若年者でも外反母趾の傾向が強く、ひどい場合はすでに関節構造に異常をきたし始めている患者さんもおられます。

外反母趾の変形は身体のアンバランスをより悪化させ、疲れやすさや腰痛、肩こり、膝の痛みや股関節の痛み、他内臓機能の低下など様々な症状を引き起こす原因にもなるため、今痛みがないからと安心はできません。外反母趾という関節構造の異常は原因に対しての結果であり、その根本原因にしっかりとアプローチした治療を行わなければ何度も症状は再発してしまいます。

外反母趾の原因とは

外反母趾の最も大きな要因は足部にかかる荷重バランス、重心軸のズレです。

  • 足関節の捻挫によって足部の骨のズレが生じている
  • 膝関節の捻挫によって下肢の荷重軸がずれてしまっている
  • 骨盤や背骨のねじれによって下肢にかかる重心バランスがずれてしまっている
  • 骨盤や背骨のねじれによる不良姿勢で上手く歩けない
  • 生活習慣の変化や運動不足によって足のアーチ構造を支える筋肉靭帯が緩んでしまっている

足部のアーチ構造は正しく重心が乗っていることと、正しく歩く足の使い方によって機能し、構造が維持されます。

上記のような問題の組み合わせによってアーチ構造への重心の伝達が狂ったり、足をうまく使えない歩き方の習慣などによって外反母趾は発症、悪化していきます。これらの重心のズレは身体のねじれを悪化させる要因となるため、他の症状を悪化させる一因となるため決して看過することはできません。

月が丘整骨院のオステオパシー整体では、身体全身を検査してバランスの崩れの状態を正確に把握し、そのねじれの根本原因にアプローチして身体を正常化へと導きます。

膝の痛み施術の体験者インタビュー動画