ワールドカップ初戦勝ち星おめでとう!

2018年06月20日

こんばんわ!

あなたの「治りたい!」を叶える整骨院。

神戸市西区の月が丘整骨院 多田です。

昨日のワールドカップ初戦、コロンビア戦、すごかったですね!

南米チームにアジアのチームが勝つのが初めてなんてビックリしましたが、その快挙を日本がやってのけたなんて、同じ日本人として勇気を貰いました。

普段はあまりサッカーも見れないんですが、昨日は帰ったら丁度後半戦がまだやっていたのでテレビにかじりついてしまいました。

このままの勢いで決勝トーナメントに進んで欲しいです!

頑張れニッポン!

 

オスグッド・シュラッター病|神戸市西区月が丘整骨院

スポーツ少年を悩ませる厄介な膝の痛みと言えば、オスグッド・シュラッター病があります。

月が丘整骨院にも何人もスポーツ少年が、オスグッド・シュラッター病で治療に訪れます。

 

なぜオスグッド・シュラッター病がスポーツ少年を悩ませるのか?

それは治りにくいから。

一般的にオスグッド・シュラッター病は運動のし過ぎによる筋緊張で、膝の筋肉の付着部が過剰に引っ張られ、それが反復するために軟骨部分の炎症が起きると言われています。

オスグッド・シュラッター病の発生機序として、それは正しいです。

 

でも、運動をし過ぎている子供さんが全員オスグッド・シュラッター病になるかと言われたらそうではありません。

それは、しっかりケアをしているからとか、ストレッチをさぼっているからとか、それだけではない要因が存在します。

 

もちろん、練習後のケアをさぼっていれば、オスグッド・シュラッター病を発症するリスクは高まります。

でも、十分にケアをしていても、ストレッチをしっかりやっていても、オスグッド・シュラッター病になってしまう子供さんもいるのです。

 

オスグッド・シュラッター病の原因は?

オスグッド・シュラッター病の発症要因として、大腿四頭筋の過緊張、短縮などがあげられます。

運動のし過ぎ、あるいは大腿四頭筋に不必要に過剰な負荷がかかり過ぎた結果、過緊張や短縮などが引き起こされてしまいます。

そうすると、大腿四頭筋の付着部である脛骨粗面への連続する牽引力がかかってしまい、少年の脛骨の成長軟骨が引っ張られてしまって、炎症を起こしてしまいます。

だから、オスグッド・シュラッター病を予防するためにも大腿四頭筋のストレッチのほか、下肢の十分な柔軟性と、下肢と体幹の運動の協調性を維持するメンテナンスは欠かせません。

 

しかし、スポーツ選手ならともかく、なかなかスポーツ少年たちが自ら進んでストレッチをしっかりやったり、十分なケアに時間をかけられていないのが現実ではないでしょうか?

 

オスグッド・シュラッター病の原因の一つとして、練習後のメンテナンス不足があげられます。

これは、しっかり予防をするという意識をもって積極的にストレッチやメンテナンスをすることでかなりオスグッド・シュラッター病の発症リスクを軽減することが出来ます。

 

治りにくいオスグッド・シュラッター病

しかし、ケアしていてもオスグッド・シュラッター病を発症してしまうお子さんもいます。

また逆に、全然ケアもろくにしていないのに発症しないお子さんもいます。

これには、一般的に言われていないもう一つの原因が存在するからなのです。

 

月が丘整骨院では、多くのオスグッド・シュラッター病の少年を診てきましたが、そのほぼ全員が内臓が硬くなってしまっていました。

 

「内臓が硬くなる」

あまり耳にしない言葉ですが、身体は筋膜という組織で全てがつながっていますから、内臓の柔軟性、可動性も運動器の柔軟性、可動性に大きな影響を与えます。

特に、大腸、小腸、腸間膜という組織は腰椎、骨盤に密接しており、これらの臓器の硬さは骨盤、腰椎の可動性を著しく低下させてしまいます。

大腿部の筋肉はほとんどが骨盤帯から始まっていますから、内蔵の硬さによって骨盤のアライメントが狂ってしまうと、大腿部の筋肉は本来の働きを十分にできなくなってしまいます。

 

一般的には、オスグッド・シュラッター病は安静と、筋肉の柔軟性の回復、損傷した靭帯の回復などをおこないます。

しかしなかなか治りにくく、いったん痛みが引いて競技復帰してもすぐに痛みを再発してしまうというのは、単に筋疲労による原因だけでなく、もっと深い体全体の問題が潜んでいるからなのです。

内臓を緩められるオステオパシー|神戸市西区月が丘整骨院

これらの治りにくいオスグッド・シュラッター病でも、内臓の施術と骨盤帯のアライメントを整えてあげるだけでも痛みは軽減し、大腿四頭筋の柔軟性は回復します。

もちろん炎症が引き、傷ついた組織が回復する時間は必要ですが、オステオパシー施術によるオスグッド・シュラッター病の回復期間は一般的な施術よりもかなり短い時間で競技復帰が可能です。

 

未来のサッカー選手であるサッカー少年たちのオスグッド・シュラッター病の悩みは月が丘整骨院にご相談ください。

自然治癒力を高める根本治療

 

 

お知らせ|神戸市西区月が丘整骨院

HPがリニューアルいたしました。

 

ネット予約システム|神戸市西区月が丘整骨院

診療のご予約がネットで簡単に取っていただけるようになりました。

ご希望の施術時間を選んでいただき、カレンダーの空き時間を選択するだけでご予約が完了します。

リクルートIDをお持ちであれば、名前やメールアドレスなどの入力の手間もかかりません。

 

LINE@|神戸市西区月が丘整骨院

LINE@が始まりました。

友だち追加していただく事でお得な情報やクーポンなどを受け取っていただけます。

LINEでのご予約も可能です。

気になる質問などもぜひお気軽にどうぞ。

 

お電話でのご予約|神戸市西区月が丘整骨院

お電話でのご予約、お問い合わせはこちらからご連絡ください。

スマホの方は上をタップしていただくだけでお電話がかかります。

施術中はお電話に出れないことがございます。

恐れ入りますが、メッセージ、お電話番号を残していただければこちらから折り返しご連絡させていただきます。