台風の週末は

2017年10月22日

こんばんわ!

あなたの治りたい!を叶える整骨院。

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院 多田です。

mark_syoshinsya

まさかの季節外れの台風に、選挙であわただしい日本列島は大変な週末になってしまいました(;´・ω・)

昨日の土曜日と、今日は私の所属していますオステオパシーの協会、

JOPA(日本オステオパシープロフェッショナル協会)の主催するセミナー

「オステオパシーの世界&膜の概念・頭蓋と身体のつながりⅠ」のアシスタントを務めてきました。

5年前に、オステオパシーの「オ」の字も知らなかった私に人生の転機を与えてくれた思い出深いセミナーです。

5年前には下村先生の圧倒的なパワーと魅力、そしてアシスタントの先生の技量の高さにただただ驚くばかりでした。まさか数年後に自分もそのアシスタントを務めさせていただく側になろうとは本当に思いもよらない事でした。

お天気が悪いにもかかわらず多くの先生にご参加いただき、本当にありがとうございました。

みなさん一様に下村先生のパワーと魅力、そして厳しくもうわべだけではない本物の優しさに触れ、セミナーが終わるころには目が変わっておられたことは印象的でした。

 

現状打破の力

医療業界の現状とは、決して明るいものではありません。

整骨院や整体院が次々と出来てたくさんある治療院や病院の中からどこを選んでいいのやら、どこを選んでも同じだろうと、どこへ行っても治らないとあきらめてしまっている患者さんも少なくありません。(私の院の近所でも開業後1年もしない内に無くなった接骨院がありました…)

昔は私も周りのことが気になって、なかなか治らない患者さんになんと言っていいのやらとそんなことばかり気にしてしまっていました。

もしあの時JOPAのセミナーを受けていなかったらと思うと、本当に恐ろしいとともに、自分に変わるチャンスを与えてくれた下村先生への感謝の気持ちで今も変わらずいっぱいになります。

あの時一緒にセミナーを受講していた他の先生方はほとんど見かけることはありません。

諦めたのか、挫折したのか、どうでもよくなったのか…

まぁ、私には関係のない事ですが、人のからだの真実から目をそらして毎日患者さんに何をしてあげられるのかなんて私にはもう想像できない世界になってしまいました。

結果が出せないのは、私に知識が足りないから。技量が足りないから。

下村先生のデモンストレーションはそれを嫌という程に、思い知らされます。

それは、アシスタントでセミナーのお手伝いをさせていただく今でも、毎日思い知らされています。(;´∀`)

今回ご参加いただいた先生方はどのように感じられたのでしょうか?

 

最初のセミナーで、私は膜の感覚というものを全く感じることができませんでした。

感覚というものを持ち帰ることが出来ず、持って帰ったのは挫折感と今まで何もできていなかった自分への恥ずかしさと悔しさと、下村先生への強烈な憧れでした。

それからは寝ても覚めてもオステオパシーのことを考えるようになり、お陰で5年たった今、デモンストレーションで見せられた「視床」のテクニックまでも自分で使えるようになりました。

ただ、下村先生という今なお成長スピードが速まるまさに「怪物」が目の前におられるので、達成感というものはあまりなく、まだこんなに自分はできないのかとへこむ事ばかりですが(笑)。

 

スタート地点に立った時点での感覚や、知識など、そんなに大した問題ではないというのが5年間の私の感想です。

分岐点に立ったことに気が付いたときに、新しい世界への道を選ぶのか、今までと同じ道を歩み続けるのか。

やるか、やらないか、ただそれだけのことなんだと思います。

最初のセミナー後、全く感覚の分からなかった私は家内の腕を借りて膜を感じる練習をたくさんしました。

これまでマッサージをしてくれていた夫が突然じっと腕を両手に挟んで、うんうんうなりながら分からん分からんとぼやき続け、高額なセミナーに次々と参加するため、家族会議まで開催されました(笑)

 

今は調子が悪ければ、子供も妻も両親も兄弟も私を頼ってくれるようになりました。

ふと5年前の自分を思い出すと、本当にぞっとします。

あの時シフトチェンジ出来て本当に良かったと思います。

 

このJOPAの「オステオパシーの世界&膜の概念・頭蓋と身体のつながりⅠ」のセミナーを受講された先生は、セラピストとして大きな分岐点に立っていると私は思います。

ここから始めることができるのか、これ以上何もしないのか。

もちろん、家庭の事情もあるでしょう。

私は幸いにも理解ある妻に恵まれ、今の自分を獲得することが出来ました。

本当に感謝してもし足りることがありません。

最初の2年は全国各地に出張でセミナー参加させてもらい、3年目にはさらにJTOCという学校にまで行きたいとのたまい(;^_^A

まぁ本当に無茶をしたと思います。

でも後悔はしていませんし、あれは間違いなく正しい選択だったと思います。

もしあの時オステオパシーを始める決断が出来なかったら?

下手をしたら自分もからだを壊し、路頭に迷っていたかもしれません(-_-;)

少なくとも今の自分はありませんから、仕事に対する自信も誇りもあったもんじゃありません。

選ばなかったことを後悔していたかもしれません。

 

セミナーアシスタントとして、今回の受講生の先生たちの分岐点の案内人のお手伝いとして少しはお役に立つことができたでしょうか?

責任ある仕事を任せていただいたことに今回も感謝です。

ご参加いただきました先生、お天気の悪い中本当にありがとうございました。

 

また明日から1週間が始まりますが、私も初心を思い出し、しっかり頑張りたいと思います。

土曜日は午後診療休診をさせていただきありがとうございました。

 

 

item.90.1

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問い合わせ、ご予約はこちらからどうぞ。

お電話は078-995-3037です。

メールは24時間受付いたしております。

お気軽にどうぞお問い合わせください。