本来のあるべき姿は健康!

2017年06月22日

こんばんわ!

 

あなたの治りたい!を叶える整骨院。

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院 多田です。

 

よく降りましたね!!

久しぶりの雨に湿気が鬱陶しいというよりは、潤いすら感じます(*^_^*)

植え替えしたての花壇も十分水が行き届いて花も心なしか元気なような気がします♪

 

今一番元気なのはこちら。

ハクチョウソウ。

cof

白”鳥”草ではなく、白”蝶”草です。

白い蝶々の花。

cof

ほら♪

ひっくり返すと蝶々のように見えませんか?

別名ガウラといって可愛らしい見た目からはちょっと違うごつごつした名前も持っています。

この花はお世話も何も勝手にどんどん大きくなって次々に咲いてくれるのでとっても楽です♪

以前にもご紹介しましたが、花のシーズンで一番元気なのでまた紹介してしまいました(*^_^*)

 

手間がかからないのがいい♪

私たち人間の健康もこの花みたいに手間がかからず維持できれば楽ですよね。

(ちょっと持って行き方に無理があったでしょうか(;^_^A)

 

今、朝はすっきり目が覚めて、朝から晩までずっと元気に動けて調子の悪さなんて知らないよ~♪

なんて健康を絵にかいたような方はなかなかおられないかもしれません。

元気そうな方でも何かしら症状をお持ちの方がほとんどではないでしょうか?

 

何かしらの症状や不調があって当たり前のような状況になってしまっていますから、

「一病息災」

なんて言葉がまかり通ってしまうのも無理からぬことだと思います。

 

私も「一病息災」この言葉を初めて聞いたときは納得してしまいました。

ずいぶん昔の話です。

みんな同じ年齢を迎えれば、金太郎あめのごとく同じ病名がつけられ、同じ薬が処方され、

決まり文句は「年だから」「年齢のせい」「年相応」

・・・

何かおかしいとは思いませんか?

 

 

ここでちょっと考えていただきたいのです。

オステオパシーの原則、というよりも、人のからだは健康であるようにできています。

本来あるべき姿は健康

であるはずなのです。

banzai_ojiisan

からだの構造が正しい位置にあれば、からだの機能は正常に働き、完全なる健康を維持できるようにできているはずなのです。

 

なのに、病気があってもうまく付き合っていく。

「一病息災」

今私は、この言葉にどうしても違和感を感じずにはいられなくなってしまいました。

 

どんな症状であっても、例えばわずかな肩こりや腰の張り、不快感、わずかな皮膚のかゆみやかさつきであっても、

どんなわずかな症状でもそれは、からだの何らかの異変を知らせるサインであるということを知ってほしいと思います。

そしてその異変には必ず構造の破綻を伴う何らかの理由が存在します。

 

例えば、毎日スナック菓子やインスタント食品を食べている方。

  • 肌がかさつく。
  • 顔の肌荒れがひどい。
  • 疲れやすい。
  • スポーツで膝に痛みが出ている。
  • 傷みが治らずどんどんいろんな症状に波及して悪化している。

上記の症状、体に良くない添加物や化学調味料などによって肝臓の機能が極端に負荷をかけられてしまって、肝臓の正しい位置を維持することが出来なくなってしまって体のゆがみを引き起こしているような事もあります。

腹膜のねじれから骨格構造のバランスが維持できなくなり、膝への荷重バランスが狂ってしまい痛みが引き起こされている。

バランスが狂っているからスポーツのパフォーマンスが低下し、からだが正しい動きを出せないためにどんどん代償パターンが悪化し、痛みが多部位にわたって広がってしまっている。

腸にも当然よくありません。

肌荒れは腸の状態をよく現してくれます。

肝臓の機能低下は慢性疲労の原因になります。

 

この患者さんを診て、まず最初にすべきことは何だと思いますか?

膝の治療でしょうか?

お肌のためにクリームを処方しましょうか?

疲労回復のためにマッサージをしましょうか?

それともバイオメカニクスに基づいたスポーツコンディショニングでしょうか?

 

私は生活指導だと思います。

ご本人が困っている症状の本当の一番の原因は何なのか?

からだが本当の意味で健康を維持するためには、からだが必要とする栄養、つまり適切な食事、正しい休養、そしてからだが正しく機能するための正しい構造です。

この症例の場合、生活習慣によって健康を維持するために必要な事がすべて破綻してしまっています。

そう。

患者さん自らが、自分の健康とは何なのか?を理解しなければ何も始まらないのです。

 

私たちの食環境はとても便利になりました。

手間をかけないようにしようと思ったらいくらでも手間をかけなくても済みますね。

科学の恩恵と言ってよいのでしょうか?

でもそのために健康を損ねてしまっていたら、食事にかける手間を省いたことが健康を維持するための手間に返ってきてしまっているとは思いませんか?

それは本当に科学の恩恵でしょうか?

その恩恵に預かっているのは企業さんだけのような気がしてなりません。

でもそれを要求したのは私たち。

便利さと快適さ。

その代償は一体何なんでしょうか?

 

食環境だけでなく、住環境を含む私たちを取り巻く環境の全てが今、私たちの健康に対して見えない牙をむいています。

その代償こそが「一病息災」という矛盾のように私は思います。

 

肩こりが治らないのも、

腰痛を繰り返すのも、

頭痛が治らないのも、

坐骨神経痛が治らないのも、

ヘルニアになってしまうのも、

脊柱管狭窄症になってしまうのも、

からだの正しい構造が乱された結果として引き起こされる症状です。

 

原因が何なのをまず知らなければ、本当の意味で健康になるのは難しいことです。

傷みや辛い症状の原因は、一般的によく言われるような事ばかりではなく、本当に思いもよらないことが引き金になっていたり、根っこの原因になっていたりします。

 

そしてからだは、本当の根っこの原因を取り除いてもらったとき、素晴らしい変化を見せてくれます。

驚くような回復を見せてくれたり、治らないと言われていたような症状が改善したりしてくれます。

ある人は奇跡というかもしれません。

でも、本当は奇跡でも何でもないんです。

 

ただ、からだの構造を乱す原因が存在し、その結果として症状が生み出されます。

原因が正しく取り除かれれば、その結果として症状は消え去るのです。

構造が正しければ機能は正しく働き、その結果として人は健康でいられるのです。

 

正しく自分のからだを知ることで、楽に健康でありたいものですね(*^_^*)

 

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問い合わせ、ご予約はこちらからどうぞ。

お電話は078-995-3037です。

メールは24時間受付いたしております。

お気軽にどうぞお問い合わせください。