健康への道のり オステオパシー

2017年01月13日

おはようございます!

 

オステオパシーで患者さんを元気にしたい月が丘整骨院 多田です。

 

JTOCの授業が終わった後は、いつも以上にモチベーションも高まっております!

kara_waru_man

毎日バージョンアップしておりますが、JTOCの授業の後は更に一皮むけた感じです(^^♪

 

内臓と筋骨格の膜のつながりを意識しながら施術できると、同じテクニックでもまたいつもと違った良い効果を得ることが出来ますね。

 

特に腹膜の癒着と臓器の圧迫によって脈管、神経系が影響を受けていると施術後の変化は非常に大きなものになります。

循環を全身滞りなく行きわたらせるためには、繊細な内臓テクニックによる施術は欠かせないことを改めて理解しました。

 

現代人は、外傷だけでなく、食生活や環境問題、社会環境、精神的なストレスなど様々な問題で内臓に制限を抱えている場合が非常に多いです。

もっとも根本的な問題が内臓にあった場合、どんなに骨盤矯正をしようとも、脊柱の矯正をしようとも、姿勢矯正をしようとも引っ張り戻されてしまってなかなか腰痛や肩こり、背中の痛みなどの症状が改善しないことがあります。

 

かくいう私も食生活で内臓を悪くしてしまった一人です…(;^_^A

私の問題となった食生活とは

  • 乳製品
  • ジャンクフード
  • 甘いもの

この三つです。

cup_noodle milk_pack snackgashi

 

日本人は、乳製品がからだに合わない人が意外と多いです。

平気な方もおられるようですが、日本人は乳製品のタンパク(乳糖)を消化、分解、吸収するための酵素がない人が多いといわれています。

私もこれを知るまでは、牛乳、乳製品が大好きで毎日たくさん飲み、食べていました。

私は昔から鼻炎があって、耳鼻が弱く、小学生の頃から耳鼻科通院が日常になっていました。

高校生になった頃から鼻の状態が悪化し始め、風邪をひけば副鼻腔炎を併発し、黄色い鼻水と鼻の奥の痛みと頭痛とに苦しんでいました。

更に20代になれば、風邪をひきやすくなり、一番ひどかったころは2週間に1回は体調を崩し、挙句には体調を維持するために市販の風邪薬、ビタミン剤、鼻炎薬が手放せない状態になっていました。

その頃から慢性的な肩こりと慢性倦怠感、腹部膨満感も感じるようになっていました。

甘いものも大好きで、いつの頃からか歯止めが利かなくなってケーキ売り場に行けば一つを選べず二つ買ったり(自分用です(;^_^A)毎日甘いものが欠かせないようになっていました。

一人暮らしをしていたころは、自分のからだが麺とスープで出来ているんじゃないかというくらい毎日カップ麺を食べていました。(節約のためと思っていました(;^_^A)

 

カップ麺は結婚後はまったく食べなくなりましたが、乳製品と甘いものはそのまま継続で、じわじわと体調の悪さは悪化していました。

ですが、ずっと症状と付き合っていると、

自分のからだはこんなものだと思ってしまうんですね。

なにかで症状を改善しようとか、これが良くなってこの苦しみから解放されるとか、その方向に意識が全く向いていませんでした。

 

オステオパシーと出会い、前田先生の施術を受け、アドバイスを受けてからそこで初めて意識のスイッチが切り替わりました。

 

まず、乳製品と甘いものをやめました。

水をたくさん飲むようにしました。

 

まずこの二つだけで、体調が一気に変わり始めました。

胃の不快感、不安定な便通、慢性の肩こり、頭痛、疲れやすさがどんどん無くなって、からだが軽くなり始めました。

鼻炎も軽減し、風邪をひきにくくなりました。

今では年に1回もひかなくなりましたよ(^▽^)

食べ物でこんなに違うのかと驚きました。

からだに合わない乳製品は腸の状態を悪くする場合があります。

腸は非常に重要な免疫器官でもありますから、腸の状態の悪化がからだの免疫機能の低下を引き起こすこともあります。

糖もからだの糖化を引き起こし、様々な問題の原因となります。

 

「私たちのからだは私たちが口にした食べ物で出来ています。」

 

良い材料があれば良い家が出来ますね。

悪い材料しかなければ、それなりの家しかできません。

 

どんなに良い施術を受けても、からだの栄養状態によって基礎状態が悪かったり、内臓の問題によってからだの骨格が歪められている場合、どんなに骨格の矯正を受けても効果は長続きしません。

 

根本原因とは、からだに起こるいろんな問題の可能性を探る必要があります。

特に慢性症状、一般的な施術を受けられても症状が改善しなかったり、病院に行っても原因がはっきりしない場合、生活習慣などを見直すということも必要な場合があります。

 

私の場合、健康への第一歩は、食べるという生きていくためのもっとも根源的な部分からの改善でした。

このおかげで数年前と比べて、本当に元気になることが出来ました。

 

月が丘整骨院では、これらの内臓に起こっている問題の原因も見つけ出し、アドバイスさせていただいております。

食の改善で、ずっとお悩みだった慢性症状が改善した患者さんも多くおられます。

 

もし、なかなか治らない腰痛や肩こり、頭痛、慢性疲労、その他不定愁訴でお悩みの方、健康不安のある方、もっともっとアクティブに健康でありたいと望まれる方は是非一度、神戸市西区のオステオパシー整体、月が丘整骨院にご相談ください。

 

神戸市西区で腰痛、肩こり、頭痛、慢性疲労症候群の施術の月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問い合わせ、ご予約はこちらからどうぞ。