痛みを気にすることなく趣味のガーデニングを楽しみたい

2017年04月13日

こんばんわ!

 

オステオパシーで患者さんの健康を守る整骨院。

月が丘整骨院 多田です。

12 - 9

 

今日は暖かかったですね。

昨日の春の嵐が嘘のようないいお天気でした。

今日は幼稚園の入園式だったようで、お天気に恵まれて良かったです(*^_^*)

 

私の下の娘も年中さんになり、年下の園児さんが入ってきてお姉さんをするんだと張り切っていました。

(一昨日幼稚園の始園日はお姉ちゃんロスでべそをかいていましたが…切り替えが早いですね)

 

昨日の嵐で一気に桜も終わりかな~と寂しくなっていたのですが、結構もっていますね。

週末に満開の中お花見とはいかないかもしれませんが、もうしばらく楽しめそうです。

 

やはり日本人は桜だな~と満開の桜の木を見上げると思ってしまいます。

 

sdr

整骨院のそばの桜の木ですが、ライトアップもキレイです。

 

12 - 2

チューリップが次々と花を咲かせてくれています(^^♪

 

12 - 5

紫も

12 - 6

黄色も

12 - 7

アネモネも去年から植えっぱなしでしたが咲いてくれました。

12 - 3

ミックスカラーも

12 - 1

最後の花は「ニゲラ」といいます。

糸のような葉っぱがなんとも涼しげで可愛らしいお花です。

「ニゲラ」も好きですね。

 

「ニゲラ」は種植えの説明を読むと、「種が黒いからニゲラ」というんだそうです。

そして、日光に当たっていると発芽しないから種をまいた後、しっかり土をかぶせないといけないそうですが…

こぼれ種でめっちゃ増えてます。

もう少しするとたくさん花が付きそうで楽しみです。

 

マーガレットも花芽がたくさんついてきているので、もう少し暖かくなったら一気に花壇がピンクに色づきそうです(^^♪

 

冬の寒さを越えて、一気に花が咲き乱れるこの季節はやはり心躍らずにはいられませんね♪

先日体の節々が痛くて、強い痛み止めを処方されたが効き目がなく困っているという患者さんにお越しいただきました。

その方はご趣味がガーデニングだそうで、春になると痛みを堪えてでも花を植えたくなってしまうんだそうです。

お花がお好きな方はそうなんですよね。

土を触り始めると止まらないんです。

私の母も昔、休みの日くらいゆっくり体を休めたらいいのにと思うほど、一日外で土と花を触っていました。

 

そんな母に「あんたはサボテンも枯らす男や」と言われた私ですが…(本当に枯らしてしまいました…小学生のころの話ですよ)

今ではすっかり花と緑を愛する男になりましたから。

患者さんの

「痛みを気にすることなく趣味のガーデニングを楽しみたい」

そのお気持ちお察しします。

 

ガーデニングだけではなく、どんなご趣味であっても人生を豊かにする楽しみです。

いろんな治療を試してみたけれど、どれもかんばしくなくて趣味をあきらめてしまっている。

私は、オステオパシーでそんな方のお力になりたいと思っています。

 

オステオパシーは、その患部のつらい痛みだけを見るのではなく、そのつらい症状が治らないからだの状態を根本から健康な状態へと導いていきます。

 

からだの本来持つ自己治癒能力や自己免疫システムが正常に働けなくなってしまっている根本の原因を、筋肉や骨格系だけでなく、神経系、脈管系、循環系、消化器系、からだのすべての機能と構造を検査して見つけ出します。

 

からだのシステムが正常に働けば、からだには本来の健康が戻ってきます。

 

健康であれば、毎日の生活や趣味を存分に楽しんでいただけます。

どこに行っても良くならなかった症状で、もう諦めてしまっているという方は是非一度月が丘整骨院にご相談ください。

オステオパシーは患部に電気を当てたり、患部だけを検査して年齢のせいにしたり、患部だけをマッサージしたりする対症療法とは違います。

 

もう一度、あなたのやりたいこと、あきらめてしまっているけど本当はあきらめたくなかったことを私に教えてください。

 

オステオパシーはきっとあなたのお力になれます。

 

神戸市西区の月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問合せ、ご予約はこちらからどうぞ