治療の結果を決めるのは検査による診断

2017年04月4日

こんばんわ。

 

オステオパシーで皆さんの健康を守る整骨院。

月が丘整骨院 多田です。

 

今日はずいぶんと暖かいですね。

お越しいただく患者さんも、皆さん一様に「今日はあったかいよ~。暑いくらい」

とおっしゃいます。

上着ももう春物ですね。(*^_^*)

 

03 - 2

 

月が丘整骨院の花壇も一気ににぎやかになってきました(^^♪

パンジー、ビオラは元気に咲き乱れ…すぎてしまって…(;’∀’)(お手入れに手が回らない…)

 

チューリップもピンクが一番に咲き始めました。

これからしばらく楽しめそうです。

 

昨日、いつもお越しいただいている患者さんから、

「息子と友達が、先生って超能力者なん?って言ってましたよ(笑)」

と言われました。

 

「???(汗)」

 

なんでも、痛いところや動きが悪いところが、話をしていないのに言い当てられたり、患部と全然違うところを触っているのに、患部の痛みが消えたりするのが不思議で仕様がないそうです。(;^_^A

 

0192

 

「超能力ちゃうで、オステオパシーやで」

「テレパシー!?」

みたいなやり取りが繰り広げられたそうです。(結構ツボでした(笑))

 

痛みや、何らかの症状があるということは、人のからだの構造、機能に何かしらの問題が起こっているというサインでもあります。

この構造の異常が症状の原因となっているので、これを正しく矯正し、正常に機能する状態にすることができれば、あとは患者さんのからだが自己治癒力で治っていきます。

 

つまり、痛みや症状をきちんと取り除くためには、人のからだの構造を正しく知り、何が正常で、何が異常なのかを知っている必要があります。

オステオパシーを学ぶ上で、解剖学の勉強はずっとついて回る基本中の基本です。

構造と機能を知っていれば、患者さんのからだに何が起こっているのかを正しく把握することができます。

これを、検査によって正しく見つけ出して矯正できれば、痛みや症状は改善するんです。

 

オステオパシーでは、全身を途切れなく包む結合組織である「膜」というものを重視します。

この膜組織は、内臓や筋肉、骨、神経、脈管などすべての組織をつなぐ組織です。

この膜の状態を把握するために、「触診」の感覚を磨く訓練をするんです。

 

患者さんのからだに触れることによって、初めて患者さんのからだがどのような状態になって、問題を起こしているのかがわかります。

この膜組織は、術者にからだの様々な情報を与えてくれます。

 

膜組織は全身を包んでつないでいますから、どこから触ってもその組織をつたっていくことで、離れた場所の状態も触っている場所から把握することができます。

特に私は、頭からの「傾聴」という診断方法をよく使うので、たまに

「先生、今、氣を送ってくれているんですか?」

という誤解を持たれる患者さんもおられます。(;^_^A

 

本当に氣を送れたら便利やろな~と思いますが、

オステオパシーはそういった類のものではありません。

解剖学があり、患者さんのからだを正しく把握することで原因を正しく施術することでからだは変化することができるんです。

 

オステオパシーとは、目に見えないあやふやなものではなく、明確に存在するからだの構造ときちんと向き合っている医学なんです。

 

触診技術も一朝一夕で分かるようになったわけではありません。

5年前に初めてオステオパシーに出会った日、あまりの感覚の悪さに

「お前あかんわ~」

とさじを投げられたのは、今でも昨日のことのようです。(笑)

 

しかし、破滅的に悪かった感覚も訓練することでだいぶマシになってきました。

手の感覚、触診能力を患者さんに説明するとき、私は

「スポーツと一緒ですよ~」

と説明しています。(正しい例えかどうか分かりませんが・・・)

 

最初からイチローみたいなことができる人はいませんから。

誰しも練習に練習を重ねてトップへと昇っていくわけですよね。

手の感覚も、触覚という人に本来与えられている能力ですから、磨き上げればいろんな感覚を拾えるようになってくるものなんです。

 

 

治療によって効果が現れるのは、正しい診断を下すための検査を正しく積み上げる必要があります。

検査と診断が正しければ、治療効果はおのずとついてきます。

 

超能力者でないのは残念ですが、患者さんには自分の診断によってきちんと効果を実感していただけているようで何よりです。(*^_^*)

 

 

「超能力ちゃうで、オステオパシーやで」

「テレパシー!?」

「ちがう!オステオパシー!!」

 

 

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問合せ、ご予約はこちらからどうぞ。