食べてもお腹が空いても気分が悪くなる

2018年03月1日

こんにちわ!

あなたの治りたい!を叶える整骨院。

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院 多田です。

 

gplus1378513795

gplus280361314

 

3月(弥生)|神戸市西区月が丘整骨院

寒さ厳しい冬もようやく終わりを迎えたようですね。

今日は昨夜からの強風がまだ残り、春の嵐に更に春の訪れを感じます。

厳しい冷え込みにやられていた花壇の花も、ようやく息を吹き返してきました!

 

チューリップの球根も芽がだいぶ目立つようになってきました。

春の暖かさに、本当に気分がウキウキしてしまいますね♪

 

 

食べてもお腹が空いても気分が悪くなる|神戸市西区月が丘整骨院

今日は、

食べてもお腹が空いても気分が悪くなる

という症状をご相談くださった患者さんの症例のご紹介です。

 

明石市からお越しいただいた60代の女性の患者さん。

数か月前から、食事を摂っては気分が悪くなり、お腹が空いても気分が悪くなってしまって食事をきちんと食べることができないとお困りでした。

 

食べることができないからどんどん体重が減ってしまい、体力も低下。

胃を検査してもらっても全く異常なし。

炎症反応もなし。

原因が分からないから対処しようがなく、ビタミンなどのサプリメントだけでしのいでおられるとのことでした。

 

3101059

こちらの女性の症状の原因は、

内臓の下垂。

内臓が下垂したことによって、内臓を支配している迷走神経が引っ張られてしまい、全く動けない状態になってしまっていました。

 

30代で子宮筋腫の手術を受け、子宮を全部摘出されていました。

人のからだは失われて空間になってしまった場所を補おうとします。

子宮がなくなってしまったことで腹部の臓器がその空隙を補うため、重力に引っ張られて下がってしまっていました。

内臓が下がるだけなら働きは低下してしまっても、それだけでは吐き気やむかつきは起きません。

しかし、内臓下垂によって支配神経である迷走神経が牽引されてしまったことで、空腹や胃に食物が入ってきた時の消化管の運動が、更に迷走神経を引っ張ってしまい、迷走神経反射が起こっていたものと考えられます。

 

こんな時、迷走神経が動いていないからと言って迷走神経の施術を行っても効果は出ません。

 

大切なことは、からだのメカニズムが正しく働ける状態を取り戻すこと。

内臓下垂は、子宮の空隙によって起こっていますから、持ち上げてもいずれ下がってきてしまいます。

しかし、下がってしまって動きを失ってしまった内臓や迷走神経を、再び正しく動き出し、正しく機能する状態へ戻すことは十分に意味があります。

 

長期にわたって内臓が下垂していたため、特に上に乗られていた直腸などは押しつぶされたようになり、骨盤内で固着してしまっていました。

 

他にもいくつかの施術を行いましたが、内臓が直腸まで正しい動きを取り戻した時、迷走神経は力強く正しく機能し始めました。

施術後は、空腹時の気分の悪さも解消し、頚の慢性痛、肩こりも消失していました。

 

shinkokyu_woman

 

 

からだのメカニカルなバランスを考える|神戸市西区月が丘整骨院

からだに本来あるべきものを取り去るということは、物理的にからだのバランスが変わってしまうということです。

子宮筋腫の手術は術後はからだが楽になりますが、時間の経過とともに、からだの本来のバランス、特に骨盤、腹部臓器の位置関係、力学的バランスを大きく崩してしまいます。

その結果、様々な症状を引き起こしてしまいます。

  • 慢性の肩こり
  • 慢性腰痛
  • 股関節痛
  • 膝関節痛
  • 骨盤底筋の筋力低下により下肢の重心が変わってしまう

特に時間経過によって下肢のアライメントが変わり続けると、膝や股関節、足関節の変形を伴うようになってしまいます。

骨は常に力がかかることによってリモデリング(骨破壊と骨再生)を繰り返しています。

この時誤った力がかかり続けてしまうと、間違ったリモデリングが繰り返され、やがては関節の変形が生じてしまいます。

 

 

手術後のメンテナンス|神戸市西区月が丘整骨院

手術を受けた後は、からだは元通りのバランスを取り戻すことは出来ません。

手術後は、継続的にメンテナンスを行うことによってからだの良いバランスを維持することができます。

また、ご自身でも意識的にバランスが崩れない生活を送る必要があります。

 

このようなおからだの変化に伴う症状は、病院の検査でも異常が検出されないことはよくあります。

 

辛い症状を緩和するために服薬しても効果があまり上がらない場合もあります。

慢性の肩こりや腰痛は、揉んでもすぐに元に戻ってしまいます。

筋肉の緊張は、からだの崩れたバランスを保つために働きすぎの状態になってしまっています。

この場合は、揉んでもすぐに戻ってしまいます。

 

  • 辛い症状の原因が分からず困っていらっしゃる方
  • 膝の痛みが慢性化してしまい注射や湿布の対症療法を続けておられる方
  • 肩こりや腰痛が慢性化してマッサージが欠かせない方

 

これらの症状でお困りの方は、ぜひ一度月が丘整骨院にご相談ください。

画像所見にうつらない原因も、全身を検査し、過去の既往歴を精査することで見つけ出せることがあります。

 

 

オステオパシー整体|神戸市西区月が丘整骨院

神戸市西区の月が丘整骨院では、アメリカ発祥のオステオパシーという技法を用いて施術を行います。

解剖学、生理学、整形外科学などの基礎医学知識に基づいた確かな技術で患者さんのお困りの症状の「本当に治すべき根本原因」を見つけ出します。

 

「本当に治すべき根本原因」とは、痛みや症状のある患部ばかりを診るのではなく、からだの正しいメカニズムの働きを邪魔している場所のことです。

これを再び正しく働けるように調整すれば、健康を取り戻したからだは自らの力強い自然治癒力によって症状を治していきます。

 

お問い合わせ|神戸市西区月が丘整骨院

item.90.1

神戸市西区月が丘整骨院のHPはこちらからご覧ください。

ご予約、お問い合わせはこちらからお気軽にお尋ねください。

お電話でのご予約、お問い合わせはこちらからどうぞ。078-995-3037

施術中はお電話をお取りすることができない場合がございます。

その場合は、お名前、お電話番号を残していただけましたら、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

メールのお問い合わせは24時間受付いたしております。

気になること、分からないこと、些細な事でもどうぞお気軽にお問い合わせください。