1月休診予定

2017年01月5日

1月の休診予定のお知らせです。

 

1月7日(土)~11日(水)は研修のため休診です。

1月19日(木)は研修のため休診です。

1月21日(土)は出張のため休診です。

 

新年早々研修で長期のお休みをいただきます。

患者さんにはご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いたします。

 

私は、2年前からJTOC(日本トラディショナルオステオパシーカレッジ)に通学しております。

およそ毎月一回、3日~5日程度の授業があります。

今回は「内蔵マニピュレーション」の授業です。

 

内蔵と聞くと、「病院の仕事でしょ」と思われるかもしれません。

しかし、オステオパシーにおける治療対象となる、からだの治癒力を妨げる病変、制限はからだの全ての器官、組織に存在します。

内蔵の病変と聞くと、「病気!?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

特に現代人の食生活は、偏った食事であったり、食品添加物であったり、様々な問題のある食品によって、内蔵、消化器官は常に過剰な負荷をかけられています。

特に、肝臓が健康な現代人はいないと言われるほど、現代の食生活は問題に溢れています。

このように、内蔵の問題から起こる体の問題の場合、その代償として起こる関節の問題を、骨盤矯正であったり、関節の矯正であったりで対処しても、その場は症状が軽減しても、何度も再発してしまいます。

そのほかにも、内蔵の問題はいろんな原因で制限を生み出してしまいます。

これらの問題に対処するための一つのツールとして、「内蔵マニピュレーション」テクニックがあります。

 

以前にも、JOPAのセミナーで内蔵マニピュレーションは受講していますが、それとはまた系統の違う内蔵マニピュレーションテクニックとのこと。

より幅のある施術のために、しっかりと受講してきたいと思います。