夏バテに注意!気を付けることは?

2018年07月17日

こんばんわ!

あなたの「治りたい!」を叶える整骨院。

神戸市西区月が丘整骨院。多田です。

豪雨の後は、酷暑。

毎日厳しい暑さが続きますね。

私自身、暑さがここまで辛いと思ったことは無いかもしれません。

この3連休、熱中症で救急搬送された人数は5000人を超えたそうです。

この炎天下、豪雨災害の復旧作業に携わる皆様、どうぞ体調の変化には気を付けて無理をなさらないでくださいね。

 

暑すぎる夏!夏バテ対策で健康を守る!|神戸市西区月が丘整骨院

これだけ暑すぎる日が続くと、熱中症対策を取らないと本当に命の危険があります。

ニュースや気象予報でも「熱中症対策は、命を守る対策」をと言っています。

 

暑さが続けば夏バテも気を付けないと。

暑さが続けば体調管理も難しくなってきます。

気温が上がれば熱を体にためこまないために汗をたくさんかきます。

たくさんの汗と一緒にミネラル分も流れ出てしまいます。

水分補給にばかり気を取られていると、気が付かない内にミネラルが不足になってしまいます。

ミネラル不足も夏バテの原因の一つ。

夏に不足しがちな栄養素をしっかり食事で補って、夏バテを防ぎましょう。

 

今日も38~9℃という、お風呂みたいな気温になっていますね。

エアコンもかなり強くしないとききが悪いです。

これだけ外気温が高いと、外と屋内のエアコンの冷気での温度差で自律神経のコントロールが上手くいかなくなってしまう方も出てきます。

暑すぎて、冷たいものを食べ過ぎてしまったり、エアコンで冷やし過ぎてしまったり、お風呂はシャワーで済ませてしまったり、体を冷やし過ぎると自律神経のアンバランスが強くなってしまって、睡眠も不安定になり全然疲れが取れなくなってしまいます。

冷たい食べ物、冷たい飲み物、どうしても甘いものを取り過ぎになってしまいます。

糖の過剰摂取は、暑さで疲れた内蔵の働きを更に悪くしてしまい、食欲不振がひどくなってしまいます。

更に糖の摂り過ぎは、体を硬くしてしまいます。

血行不良とミネラル不足、筋肉の冷えと硬さで体はどんどん動かなくなってしまいます。

腰痛や肩こり、頭痛も血行不良や冷えだけでなく、筋肉の状態の悪化でも起きやすい状態になってしまいます。

夏バテを防いでパフォーマンスを下げない

夏バテがひどいと秋が近づいて気温が下がってきても、なかなか体のしんどさが抜けなかったりします。

いつまでもしんどいと、仕事の効率も悪くなってしまいますね。

子供さんも夏休みが終わって新学期が始まっても、体がしんどすぎて学校に行けないなんてことにもなりかねません。

 

夏バテ予防は、夏だけではなく秋からのパフォーマンスを下げないためにもとても大切です。

 

ミネラル不足を予防!

夏の暑さは汗をたくさんかかせます。

汗とともにミネラルが体の外にどんどん流れ出てしまいます。

 

失った水分とともにミネラルも補えればいいのですが、

  • 野菜嫌い
  • ダイエット
  • 外食やジャンクフードが多い

など、食事のバランスが狂ってしまっているとミネラルの補給が十分にできなくなってしまいます。

特に汗をかくことで、ナトリウムとカリウムのバランスが崩れてしまいます。

日頃ナトリウムの過剰摂取が注意されますが、夏場は汗によってナトリウムが減ってしまうことがあります。

ナトリウムが足りなくなると、初期には急激な疲労感や虚脱症状が起こります。

さらに進行すると頭痛、食欲不振、悪心などの症状が現れます。

また、カリウムが不足すると、

  • 高血圧
  • 疲労感
  • 筋力低下
  • 不安感
  • 睡眠障害
  • イライラ
  • 抑うつ感
  • 神経機能の低下
  • 便秘

などの症状が起こります。

 

汗のかきすぎだけでここまでの症状が引き起こされることは滅多にありませんが、ミネラルバランスの乱れは夏バテの症状を引き起こす要因となりますので注意が必要です。

 

夏場こそ冷えを溜め込んでしまう

夏は暑さ対策で冷房を多用しますが、気を付けたいのは外気温と室内気温の差。

室内で冷やし過ぎることで自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。

 

本来は暑さで高くなる体温を下げるために発汗することで体温調節を行っていますが、逆に冷やしすぎることで体温の低下を防ぐように体温調節が起こります。

この急激な変化が自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。

上手く体温調節が出来なくなってしまい、発汗することもできず、体内に過剰な熱をこもらせてしまったり、食欲不振やだるさ、疲労感などの症状が起こります。

 

自律神経のコントロールが失われた状態は、睡眠中も体内の熱を下げることが出来ないため浅い眠りになってしまいます。

じっとり汗がにじんで、暑さで何度も目が覚めてしまったりします。

それを防ぐために更にエアコンの温度を下げたりすると、更に体は熱を体に溜め込もうとしてしまうため、余計に睡眠の質が下がってしまい朝起きても疲れが取れないといった悪循環に陥ってしまいます。

 

夏こそお風呂にゆっくり漬かろう

夏は入浴もシャワーだけになってしまいがちですが、実は夏こそ湯船にゆっくりつかった方が暑さ対策につながります。

オフィスワークの皆さんは、一日冷房の効いた部屋で思っている以上に体を冷やしてしまっていることがあります。

この冷房の冷えが自律神経の調節を乱し、夏バテの一因になってしまいます。

  • 体に熱がこもっているのに汗が出ない
  • 暑いのに手足が冷える
  • 冷房の冷気にあたると肩こりや頭痛を感じる
  • 眠りが浅く、火照りで目が覚める

などは冷えの兆候。

夏こそお風呂の時間がセルフケアに有効な時間です。

ぬるめの温度でいいので、ゆっくり湯船につかりましょう。

手足が冷えていると、ぬるめでも最初は熱く感じてしまいますがなかなか汗が出ません。

汗がにじんで流れ始めるまでゆっくりつかることで、体の冷えをリセットして自律神経の調節をコントロールすることが出来ます。

入浴中の水分補給も忘れずに。

途中、水シャワーで体を冷やしてからもう一度湯船につかっても効果的に自律神経を刺激できます。

入浴後は汗がどんどん出てきますが、自律神経が正しく働いている証拠。

ここでエアコンで冷やしてしまうのではなく、汗を拭いたり扇風機の風で気化熱を利用して体温の自己調節を促してみましょう。

この時の水分補給も忘れずに。

体の中にこもった熱を体外に放散することが出来れば、就寝に向けて体温が下がって良質な睡眠をとることが出来ます。

 

 

夏の暑さに負けない体づくりを

夏の暑さに負けない、夏バテしない体づくりは

  • 日々の食事
  • 規則正しい生活習慣
  • しっかり体を休める

など、基本的なことが大切です。

 

夏バテ予防は日々の健康増進、健康維持こそ大切ということですね。

健康増進、健康維持を心がけた生活は、腰痛予防、肩こり改善、頭痛改善などにもつながります。

暑さに負けずに元気に夏を過ごしましょう。

 

 

オステオパシーは自然治癒力を呼び覚まします。

 

お電話でのご予約|神戸市西区月が丘整骨院

ご予約、お問い合わせはこちらからご連絡ください。

施術中は電話に出れないことがあります。

申し訳ありませんが、メッセージ、お電話番号を残していただければこちらから折り返しご連絡させていただきます。

 

 

ネット予約システム|神戸市西区月が丘整骨院

ネットから簡単にご予約をお取りいただけます。

 

 

 

LINE|神戸市西区月が丘整骨院

LINEが始まりました。