5/25~6/3の休診のお知らせ

2019年05月13日

5月25日(土)~6月3日(月)まで、月が丘整骨院は研修のため休診いたします。

 

10日間の長期休診となります。

月が丘整骨院にご来院くださっている患者様、

月が丘整骨院の受診をご検討くださっていた患者様、

大変ご迷惑をおかけいたします。

5月後半の予約状況はまだ、若干の余裕がございます。

休診中の体調にご不安のある方は、事前にご相談ください。

 

休診中のお問い合わせ、ご予約は承っておりますがお返事が遅くなる可能性がございます。

どうぞ予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

研修先は?|神戸市西区月が丘整骨院

今回の研修先は、

「アメリカ」

アメリカは、ミズーリ州のカークスビルという所に行ってきます!

月が丘整骨院で受けていただいている手技療法は「オステオパシー」と言います。

オステオパシーはアメリカ発祥の手技療法で、本場アメリカではドクターのみ施術を許された

医師免許が必要な医療行為になります。

アメリカのオステオパシードクターは医師と同じカリキュラムを修め、医師として働いている先生もたくさんおられます。

そんなアメリカのオステオパシー医学を学ぶ大学の最高峰と言われる大学が、

「カークスビル・オステオパシー医科大学(KCOM)」

今回の研修はこのKCOMに行って、

なんと

「解剖実習」

を受けてきます。

 

なぜオステオパシーの手技が、しっかりと効果が出るのかというと、

人の体の解剖学、そしてその働きである生理学をきちんと学んでいるからなんです。

医師レベルでの解剖学、生理学を学ぶことで、

患者さんが困っている症状の原因がなんであるかを突き止め、

原因を取り除くことができるのです。

 

患者さんが困っている症状は、

解剖学的に正しい位置関係が乱れてしまったことによって、

正しい生理学的な化学反応が妨げられてしまっていることが原因です。

 

オステオパシーはその乱れた解剖学的位置関係を正すことによって、

妨げられていた生理学的化学反応が正しく起きるように体を整えていきます。

正しい人の体の知識があるからこそ、施術効果が出るのです。

 

KCOMで学べる解剖学は、日本で受けられる解剖学実習とはまた一味も二味も違います。

しっかりと学んでまいります!

新たな知識を存分に患者さんに還元できるように頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

キーワードは

 

 

 

 

「カークスビル」

 

このお知らせをご覧いただいた方は、

受付の際にキーワードをお知らせください。

200円の割引をさせていただきます!

期間は6月28日(金)まで!

他の割引との併用は出来ません。

ご了承くださいませ。