長年の頑固な肩こり、頭痛も骨盤矯正で改善!

2016年11月23日

おはようございます。

 

月が丘整骨院 多田です。

 

今日は慢性の肩こりと薬を飲まないと我慢できない頭痛でお悩みだったSさんの症例です。

 

最近特に頭痛がひどくなり、病院で相談すると「筋緊張性頭痛」だろうからほぐしなさいと言われたそうです。

 

Sさんは「ストレッチをしてもすぐに硬くなっちゃうからどうしたらいいのか…」

ととてもお悩みでした。

昔から肩こりがひどく、特にここ数年は頭痛がひどくなって、マッサージなどいろんな施術を受けられたそうですが、あまり改善がなく当院にお越しいただきました。

 

昔はバレーボールをよくされていたそうで、左ひざは前十字靭帯断裂で手術もされていました。

 

他の治療院では首肩ばかり触られていたそうですが、もちろん当院では全身のバランスを評価します。

全身を評価して、もっともからだのバランスを崩している、症状を引き起こしている根本原因を見つけ出し施術していきます。

 

検査の結果、確かに頚椎の1番が前方に滑ったようになり、首をすくませておられたのですが、もっともバランスを取っていたのは頚椎の2番。

2番の右側には軽く触れただけでも強い痛みがあり、とても硬い。

ではこの2番が肩こり、頭痛の原因か?

いえいえ、そうではありません。

 

「じゃあ、この頚椎の2番はいったい何のバランスを取っているの?」

 

この頚椎の2番は左ひざのケガでねじれてしまった筋膜のバランスを取っていました。

頭蓋から左ひざに残った外傷のエネルギーを取り去り、

(激しい外傷のエネルギーは時としてからだの中にそのまま残っていることがあるんです。)

左ひざのねじれた関節の袋、他の周囲の組織を整えるだけで、

頚椎の2番の痛みと硬さは大幅に軽減しました。

 

もう一つのバランスは尾骨。

(骨盤の一番下にある小さな骨です。)

尾骨は実はとても大切な骨。

骨盤の中でも一般的には見落とされがちですが、尾骨の問題でからだのつらい症状にお悩みの方は実はとても多いんです。

 

尻もちをついたりしても尾骨は簡単にねじれてしまったりします。

尾骨には、「脳を包んでいる硬膜の末端が付着している」ため、尾骨が問題を起こすと

物理的に頭まで引っ張る力が到達してしまい、肩こりや頭痛の原因になってしまったりします。

Sさんの仙尾関節(仙骨と尾骨の関節)を緩めて、骨盤矯正で骨盤のバランスを取ると…

もうさっきまでのくびや肩の痛みや筋肉の緊張はかなり緩んでいました。

 

Sさんも起き上がっていただいて施術前と全然違うご自身のからだの状態にとても驚き、喜んでいただけました。

 

からだは筋膜という組織で全身くまなくつながっているため、いつも気になる症状も何が原因となっているかは調べてびっくりΣ(゚Д゚)

なんてことはよくありますね(^^♪

 

ですが、その根本の原因を改善することで患者さんが驚かれるほどにからだは変化します。

 

なかなか良くならない症状でお困りの方は、是非一度月が丘整骨院で本当の症状の原因を探してください。

 

根本原因の治療 肩こり、頭痛治療の月が丘整骨院のHPはこちら

ご予約、お問い合わせはこちら