妊娠中の腰、脚の付け根の痛みもマタニティ整体で根本改善!

2016年11月21日

おはようございます。

月が丘整骨院 ただです。

 

今日は先日お越しいただきました妊娠6カ月の妊婦さん、Yさんの症例です。

 

1カ月前から腰痛が悪化し、でん部からふとももにかけて痛みがひどくなって、妊娠中でも受けられる整体を探して、当院に通院されていたお友達からのご紹介でご来院いただきました。

 

妊娠中の腰の痛みや脚の付け根(股関節)の痛みは多くの妊婦さんがかかえるお悩みの一つですね。

ですが、

 

「妊娠中の体で整体なんて受けていいの?」

 

月が丘整骨院のマタニティ整体ならだいじょうぶ!

安心して施術を受けていただけます。

からだを正しい位置に矯正するのに無理なちからはまったく必要ないんです。

 

これは、月が丘整骨院のオステオパシー整体だからこそ受けていただける施術です。

からだのすべてをつなぐ筋膜のねじれを読み取り、それを正すことでからだは矯正されます。

一般的な整体では妊婦さんには受けることが出来ないような施術もありますが、

月が丘整骨院のマタニティ整体はそんな心配全然いりません。

 

今回のYさんは、以前より(子供のころから)腰痛、肩こりがあり、

特に腰は近年たびたびギックリ腰になるほどで、今回の症状の悪化を不安に思っていたそうです。

 

問診でお話をうかがってから、全身検査で、骨盤のゆがみと背骨の過剰なわん曲を確認し、

骨盤のゆがみの代償として、軽度のО脚もあり、下肢のバランスが非常に悪い状態でした。

 

妊娠中はホルモンのバランスの変化で、赤ちゃんのために骨盤はどんどんと緩んでいきます。

その際にもともとのバランスが悪い状態があると、その変化に対応できなくなったときに何らかの症状が現れます。

 

月が丘整骨院の整体は、根本改善のため、全身評価、全身治療が大前提です。

足元から頭蓋まで。

全身のゆがみのパターンの原因となっている部位を調整することで、

施術後立っていただいた時には、腰、脚の付け根の痛みはほぼなくなり、

膝の間もぴったりくっついてО脚も改善。

腰の過剰なわん曲も軽減し、楽に立てていることを実感してもらいました。

 

この施術の間、背中の施術をする際に座ってもらった以外は、上向きのまま寝てもらったままです。

 

お母さんのつらい状態は赤ちゃんにも伝わります。

骨盤のゆがみは赤ちゃんのゆりかごのゆがみです。

骨盤のゆがみは出産時の産道の広がりを妨げます。

妊娠中だからこそ骨盤矯正をして、母子ともに元気にマタニティライフを楽しんでください。

 

 

マタニティ整体のHPはこちら

ご予約、お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせは 078-995-3037