ゆがみの原因!外反母趾

2016年12月6日

おはようございます!

 

月が丘整骨院 多田です。

 

今日は外反母趾でお困りだったKさんの症例です。

DSC_0656

 

Kさんは慢性の肩こり、極度の便秘症、さらに最近になって外反母趾の痛みが出始めたとのことでご来院いただきました。

 

外反母趾というと、いまだにハイヒールを履く女性のものと思われている傾向がありますが、実はそれだけが原因ではないんです!

 

141015_press_03

 

外反母趾を筆頭に足のトラブルは沢山あります。

  • 内反小趾
  • 偏平足
  • ハンマートゥ
  • ハイアーチ(偏平足の逆パターンでアーチが高くなりすぎているもの)
  • 足底筋膜炎
  • などなど

 

数え上げればきりがありませんが、どれも足のアーチ構造を作る小さな骨のアライメントの異常が原因です。

そして足のトラブルは様々なからだの不調の原因となります。Σ( ̄ロ ̄lll)

 

しかし、この足のトラブルも、からだの別の問題の代償の結果として起こっている場合があります。

 

Kさんの場合、3つの大きな問題がありました。

  • 乳糖不耐症であること(乳製品がからだに合わない人は内臓に様々な問題を起こします。)
  • 昔バレーボールをしていてよく足を捻挫していたこと
  • 甘いものが大好きで糖を取りすぎていたこと

 

一つは骨盤に収まっている部分の大腸の問題で骨盤の動きが極端に制限されていたこと。

一つは足の捻挫を繰り返した結果、じん帯が緩くなってしまい、足の小さな骨のアライメントが狂ってしまっていたこと。

一つは糖の取りすぎでもう片方の大腸も問題を起こし、骨盤の動きが制限されていたこと。

 

この三つの問題がからだのバランスを崩し、結果として右足に過重負荷がかかりすぎてねじれをため込み、外反母趾となっていました。

そのバランスの悪さから、慢性の肩こりや便秘も引き起こしていたのです。

 

骨盤と大腸の位置関係

 

治療は、足の捻挫によってずれてねじれてしまった足の小さな骨の位置を矯正するところから始めました。

これだけでもかなり骨盤の位置や背骨のアライメントが正常位置に近付きました。

他、骨盤の関節(仙腸関節)を整え、真ん中の仙骨の位置を正常位置に戻す骨盤矯正を行い、動きの悪くなっている大腸を内臓マニピュレーションで動かすことで、初回の治療で大きな症状は解消することが出来ました。

 

歩くと痛みが出てつらかった拇趾の付け根の痛みが取れたこと、肩こりも改善し、慢性の便秘がすっかり治ったことでとても喜んでいただけました。(^▽^)

もう一つ喜んでいただけたのは、右足首が太くて悩んでおられたそうですが、それがスッキリ細くなったこと。

からだ全体のゆがみを右足にため込むことで、足首の遠位脛腓関節が開ききってしまい、足首が太いように見えていたんですね。

 

外反母趾や足のトラブルの原因とは?

外反母趾や他の様々な足のトラブルは、からだのゆがみの代償として起こる場合があります。

実際に、外反母趾はハイヒールを履かない女性にも多く起こっており、特に最近では小さな子供さんにも外反母趾の傾向は見られます。

一つの原因として、筋力低下や骨格構造の特徴的な問題が挙げられています。

筋力低下は生活様式の変化が原因ともいわれます。

  • 昔と違って素足で活動する機会が減った。
  • 外で走り回って遊ぶ機会が減った。
  • 靴を履くことで趾(あしゆび)を十分に使うことが減った。

 

これらも外反母趾や足のトラブルが増えている大きな原因の一つでしょう。

 

他にも、足よりも上のからだの構造に強いゆがみを持ってしまうことで、その代償が足にまで起こってしまい、症状が出る場合もあります。

特に、子供さんの足のトラブルは出生外傷による頭蓋の問題が大きく関わっていることもありますから、痛みの訴えや気になる足の症状は注意が必要です。

 

スポーツをされる場合も、足のケアは必須です。

最初は小さな問題だったとしても、足のアライメントが狂うことで、それがからだのゆがみを引き起こす原因ともなり得るからです。

 

からだの症状は、足のトラブルが原因となっていることもあれば、

逆に、からだのゆがみを代償するために足のトラブルが起こっている場合もあり、

この足のトラブルがからだの症状を固着させる原因となる2重3重のねじれのパターンを作り出していることもあります。

 

このように、足のトラブルは本当に様々な問題が積み重なって引き起こされるため、注意深くからだ全体を観察し、検査する必要があります。

 

慢性症状でお困りの方は

慢性の腰痛、慢性の肩こり、慢性の頭痛。

なかなかマッサージや骨格矯正だけで症状が改善しない方は

一度ご自分の足をよく見てみてください。

 

  • 日頃足が疲れやすくありませんか?
  • 綺麗な形をしていますか?
  • 土踏まずはありますか?
  • 趾(あしゆび)が変な方向を向いていませんか?
  • 趾がねじれていませんか?
  • 趾が力を抜いていてもぎゅっと曲がったままになっていませんか?
  • 右と左で爪先が対称な方向を向いていますか?
  • 足首や趾の関節は左右同じ動きが出来ますか?

 

足の形はとてもよくからだの状態を表します。

ご自分の体調で気になることがある方は是非一度ご自分の足を見てみてください。

 

そして、何か気になることがあったら是非一度月が丘整骨院にご相談ください。

月が丘整骨院の治療は、どんな症状でもかならず全身を検査し、症状の本当の原因を見つけ出します。

 

外反母趾、肩こり、便秘の治療の月が丘整骨院のHPはこちら

ご予約、お問い合わせはこちら