お子さんの首の痛み、成長痛も

2016年11月22日

おはようございます。

 

月が丘整骨院 多田です。

 

今日は4歳の男の子 Mくんの症例です。

 

お母さんと一緒にご来院いただきました。

2週間前に机の下にもぐっていて、あたまをぶつけてから首が痛いと言っているとのこと。

ただ、痛い所が前に行ったり後ろに行ったり同じ場所ではないので本当に痛いのか?と思っていたが2週間たっても痛がっているので連れてきていただいたとのことでした。

 

お母さんは当院の以前からの患者さんですので安心してご来院いただきましたね。

 

小さな子供さんのからだの事はどの親御さんも皆さんとても気になるところ。

ですが、多くの場合一過性であったり、痛い所があちこち移ったり、痛いと言ったり気にしていたら痛くないと言ったりで、見極めが難しかったりしますね。

 

子供のからだは大人と比べ物にならない程の素晴らしい自然治癒力と適応能力を持っています。ですから、少々の事はすぐに治ってしまいます。

ですが、何度も同じような症状を訴えたり、姿勢がおかしかったりは、その自然治癒力と適応能力を超えた異常状態がからだの中に潜んでいることがあります。

 

子供の訴えは時に大人が思っているよりもずっと素直で正直です。

Mくんも、出生時から顔のゆがみや姿勢、成長痛のような症状がずっとお母さんは気になっていたそうです。

 

検査の結果、あたまをぶつけたことで頚椎に明らかな位置異常が生じたまま、元に戻れない状態になっていました。

普通ならこれぐらいならば子供さんなら自然に回復しそうですが、Mくんは出産時に吸引分娩だったそうです。

新生児の柔らかい頭蓋でも、鉗子分娩や吸引分娩、長時間の分娩困難などで傷害を負ってしまうことがあります。

その結果、頭蓋のゆがみがからだの様々なゆがみのパターンを作り出してしまうこともあるのです。

 

Mくんはこのゆがみのパターンのせいで、首の症状が長引いていました。

 

施術は頭蓋の調整、頚椎の調整、からだに固着したゆがみのパターンの調整、骨盤調整などで

少し長くなりましたが、Mくんは最後までじっとお利口さんで頑張ってくれました。

 

頭蓋に原因があったため、あと数回調整は必要ですが、首の痛みは一回で取れました。

月が丘整骨院の整体は無理な力を使わないので、非常にソフトです。

新生児からご高齢の方まで安心して施術を受けていただけます。

 

お子さんの痛みの訴えを成長痛と片付けてしまわずに、繰り返す痛みや姿勢など思わぬ原因が隠れていることがあります。

根本原因を改善することでお子さんの生活が大きく変わることもあります。

是非一度月が丘整骨院にご相談ください。

 

小児整体の月が丘整骨院のHPはこちら

ご予約、お問い合わせはこちら

お電話でのご予約、お問い合わせは078-995-3037