神戸市西区でのお悩みなら・・・

月が丘整骨院

〒651-2217 神戸市西区月が丘5-1-1

お問い合わせ・ご予約お待ちしています!

tel:0789953037
メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら
他院では良くならなかった症状を根本改善

しつこい腰痛の原因は?

こんばんわ!

 

オステオパシーで人生の「やりたいこと」をあきらめている患者さんを笑顔にしたい!

月が丘整骨院 多田です。

 

寒いですね!

一昨日立春も過ぎ、一人浮かれていたのが馬鹿みたいにまだまだ寒いです。

まぁ、立春過ぎたから暖かくなるわけではないのはよくわかっているのですが、「ハル」の二文字を聞いただけで浮かれてしまった自分の単純さに呆れています。

今日も帰りの車のフロントガラスは凍っていました・・・

 

今日は先日お越しいただいたAさんの治療報告です。

Aさんの症状はギックリ腰からあとずっと腰の調子が悪い。

他院で治療を受けたけれどもすっきりしないで嫌な感じが残っているとのことでした。

 

 

 

調べると、仙椎の3番、4番(仙骨も元々は脊椎のように一つ一つの分節で成人後それぞれが癒合したのちも、一つ一つの機能を有しています。)の右側が詰まってしまって、さらに3番が左回旋を起こしていました。

右手の第3中手骨と有頭骨は、強く圧縮を起こし、その圧縮を作ったベクトルは肘まで抜けて肘の関節のアライメントも狂わせていました。

脚のねじれが強く、このねじれを骨盤で代償していたため調整が必要でした。

 

これらの問題を頸椎の7番でバランスを取っていたため姿勢があごが突き出たような状態になっていました。

今回の治療は、右手の第3中手骨の圧縮から抜いていきました。

骨盤矯正や骨格矯正はちまたでよくうたわれる文句ですが、今回のAさんのように四肢手足の問題のバランスをとるために骨盤のずれは起こります。

骨盤矯正を何回受けても元に戻る理由は、その骨盤のねじれをつくる四肢の問題が解決されていないからです。

 

手と肘をきれいに矯正すると、右の腸骨(骨盤の骨)を引っ張り上げようとしていた力は解除されました。

それから、仙骨の矯正を行います。

通常の仙骨へのアプローチではなく、かつて個々の骨だった3番、4番が正しい位置関係に戻るように調整します。

その後、左脚、右脚と筋膜のねじれを整えながら関節の軸も調整していきました。

ここまで調整すると、脚のラインがそろって骨盤帯が正常になり、最後に頸椎の7番右側をアジャストして終了としました。

 

施術後は、腰はかなりすっきりと痛みも大幅に緩和されたようです。

 

 

体幹の治療ももちろん大切ですが、この体幹のねじれ=代償を引き起こす四肢手足の治療が、大きな問題解決に非常に重要であることを、Sさんの症例は再認識させてくれました。

 

いったん痛みが出始めるということは、からだが崩れたバランスを代償しきれなくなった一つのサインでもあります。

その崩れたバランスの程度によって、痛みの引き具合も大きく左右されます。

簡単そうに見える患部の問題も、どのように形成された病変なのかを見極め、早期に痛みを引かせるためには常に全身をきちんと評価し、その根本原因を確実に治療する必要があります。

問題が大きければ大きいほど、一回ではなかなか安定した状態に持っていくことが困難になっていきますが、確実に問題解決していくことで症状は改善します。

 

 

急な腰の痛みも、慢性の首痛も神戸市西区の月が丘整骨院にご相談ください。

 

頭痛、腰痛、肩こり治療のオステオパシー整体 月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問合せ、ご予約はこちらからどうぞ。

 

神戸市西区 月が丘整骨院 お問い合わせはこちら

月が丘整骨院お問い合わせ 神戸市月が丘整骨院0789953037 神戸のオステオパシーメールお問い合わせ

COPYRIGHT© 月が丘整骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALSS | LINK