神戸市西区でのお悩みなら・・・

月が丘整骨院

〒651-2217 神戸市西区月が丘5-1-1

お問い合わせ・ご予約お待ちしています!

tel:0789953037
メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら
他院では良くならなかった症状を根本改善

外傷の記憶に引っ張られた首の痛み

こんばんわ!

 

オステオパシーで患者さんを笑顔にしたい!

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院 多田です。

 

今日は、なんとはるばる石川県からお越しいただきましたSさんの症例です。

 

Sさんは甘いマスクに空手で鍛え上げたたくましい体が印象的なイケメンです。

Sさんは私と同業でオステオパシーを一緒に勉強している仲間でもあります。

きっとSさんの患者さんは、この甘いマスクの笑顔にやられているんでしょうね~(´∀`*)

男が嫉妬するくらい男前です。(写真がないのが残念…次来てくれた時には写真撮りましょう)

karate

Sさんの症状は、5年前から痛くて曲がらない首と、2週間前にやってしまったぎっくり腰、

慢性の倦怠感、疲労感でした。

 

いつもセミナーでお会いするたびに、悪い体やな~とは思っていました。

一体どんなことになっているのか気にはなっていたのですが…

検査をすると、頚椎はガタガタですね…(´Д`;)

空手で鍛え上げた体は外傷だらけで大変なことになっていました。

 

やっぱりコンタクトスポーツ、武道は体には良くない…この系統のスポーツ選手は健康を維持していく上で、引退後も健康であるためにはこまめなケアは絶対必要だなと強く感じました。

 

手には拳で打ったであろうベクトル(外傷のエネルギーは一直線の力の通り道として体に残ります。)、脚には打撃を打ったり受けたりした組織がざ滅してしまって、筋膜の滑りが起こっていない…(´Д`;)

これら四肢に起こっている問題を代償するために体幹にはかなりの筋膜の捻じれやそれのバランスを取るための関節のズレが起こっていました。

 

体幹に受けた打撃のダメージもやはり、大きなねじれを起こしており、四肢の代償パターンと複雑に絡み合ってしまっていました。

 

中でも最も強力に影響が残ってしまっていたのは、胸郭の外傷。

心臓がねじれてしまって左の肺と癒着を起こし、胸郭がほとんど動けない状態になってしまっていました。

胸郭が動けないということは、正常な呼吸が出来ません。(呼吸するためには肋骨が正常に動いていないといけません。)

正常な呼吸ができないということは、常に十分な酸素を体に送り込むことができません。いつも酸欠状態ということです。

心臓も強力にねじれていたため正常な循環活動をすることができません。

更にはねじれが強力すぎて関連する内蔵臓器の位置まで引っ張り込んでしまってもはや、体幹の中までバラバラの状態になっていました。

 

なるほど。だからいつもしんどそうだったのね~(´Д`;)

 

これらの全ての病変の代償を頚椎で行っていました。

ものすごい強力な筋膜のねじれの牽引力で首が引っ張りこまれてしまって、亀の首を引っ込めかけたような状態になっていました。

Sさんは頚椎自体が緩い方なので、代償によってかけられた力で頚椎があっち向きこっち向きしてしまっていたんですね。

また、最近肘の手術もして骨を削ったとか。

これもからだに大きな影響を与える問題になっていました。

 

治療は、あまりのからだの状態の悪さに、2日間に分けて行いました。

まず、胸郭の外傷のトラウマから開放しにかかりました。

かなり強力なベクトルが入ってしまっていて、初回の治療の3分の1はこれにかかりました。

しかもこの胸郭の外傷は、Sさんのからだの記憶に深く刻み込まれていたようで、脳の海馬とも関連を持ち、強力にからだにくさびを打ち込んでいました。

 

時間はかかりましたが、これを解放することによって、頚椎のアライメントは自ら整い始めていました。

次に、左右の仙腸関節(骨盤の左右の大きな関節です。)が完全にずれていたのでそれを正しい位置に戻す骨盤矯正を行いました。

特にSさんは右側の腰の痛みと違和感をうったえていました。

右の腸腰靭帯(腰部の仙腸関節、腰仙関節(腰椎と仙骨の関節)、そして腰椎と腸骨を繋ぐ強力な靭帯)は右脚の筋膜と関連して非常に硬い状態になり、腰部の可動性を強力に制限していました。

この腸腰靭帯もしっかりと緩め、頭蓋の調整を行うことで初日の施術を終えました。

 

この時点で、頚椎の動きは6割くらい改善、腰の痛みも軽減し可動性もかなり向上していました。

 

2日目。

首は、他の残った問題に引っ張り戻されて痛みと可動制限が戻りつつありました。

腰は痛み、違和感は残るものの施術前の状態よりは改善していました。

 

残った問題もなかなか強力でした。

脚と肩の筋膜のねじれとざ滅部の筋膜の問題を解消するための筋膜リリースを行い、手術痕の骨を骨端線からからだ全体と同調させました。

(手術による患部は時として体とバラバラの状態になってしまって、からだのバランスを崩す原因になっていることがあります。)

 

特に、心臓が十分に機能できない状態だったので、全身的に循環の問題を起こし、それによって現代の大問題、大気汚染の影響を自らの体で処理できない状態になっており、どんどん体に貯まり込んで…恐ろしいことになっていました。(´Д`;)

 

しかもSさん水をあまり飲まない…完全な脱水状態で筋膜の浅い層が全然滑っていませんでした。そこに大気汚染物質が関連し、全身に鉛でもつけているんじゃないかという体の動きの悪さ(´;ω;`)

 

しかし、これらすべての問題を施術したあとは、全身の血液もリンパも脳脊髄液もすべての循環がしっかりと流れ出し、からだが良くなっていこうとする力が湧き上がってきているのを感じることができました。

 

 

過去の外傷の問題は、時としてからだに大きな問題を引き起こすことがあります。

それは、受傷直後だけでなく、時間が経過したあとも大きな問題として全く別の場所に症状が引き起こされることがあります。

 

患者さんの訴える症状は何が問題となっているのか?

また、その根本原因となる部位の問題はどのようにして起こったのか?

それを知るということは、どのようにアプローチすることが最も患者さんのからだを正しい方向に解放し導いてあげられるのか正しく判断する材料となります。

だから問診はとても大切ですね。

患者さんとのお話の何が治療のヒントになるかわかりません。

患者さんとの信頼関係を築くことも、治療の判断を誤らないための大切なポイントだと思います。

どんな問題が症状を引き起こしているのか。

その問題は解決したのか?あるいは継続的に施術が必要な問題なのか?

残った問題は再び症状を引き起こすリスクをはらんだものなのか?

そのリスクを軽減するために患者さんには何をしてもらえばいいのか?

施術後そのいい状態を維持し、回復を促すために何が必要なのか?

 

オステオパシーは筋膜にアプローチして患者さんのからだの状態を評価しますから、問診だけでは把握できないようなことも検出することができます。

患者さんへの健康管理のためのアドバイスは、一般的な療法では見つけられないこともアドバイスしてあげることができるのでとても重要なことですね。

 

Sさんお水しっかり飲んでくださいね!(*゚▽゚*)

 

 

頚部痛、腰痛、慢性疲労の治療を行う神戸市西区オステオパシー整体院月が丘整骨院のHPはこちらからどうぞ。

お問い合わせ、ご予約はこちらからどうぞ。

 

神戸市西区 月が丘整骨院 お問い合わせはこちら

月が丘整骨院お問い合わせ 神戸市月が丘整骨院0789953037 神戸のオステオパシーメールお問い合わせ

COPYRIGHT© 月が丘整骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALSS | LINK