神戸市西区でのお悩みなら・・・

月が丘整骨院

〒651-2217 神戸市西区月が丘5-1-1

お問い合わせ・ご予約お待ちしています!

tel:0789953037
メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら
他院では良くならなかった症状を根本改善

夏バテならぬ春バテ!?

こんばんわ!

あなたの治りたい!を叶える整骨院。

神戸市西区のオステオパシー整体院 月が丘整骨院 多田です。

 

cof

 

すっかり春を越えて初夏の陽気になってしまいました。

今年は春先から寒暖差が大きくて、体調管理には皆さん一苦労していらっしゃるようですね。

 

昨日も今日も暑かったです。

良いお天気で行楽にお出かけの方も多かったのではないでしょうか。

 

春バテとは?|神戸市西区月が丘整骨院

夏バテならぬ「春バテ」。

私もつい先日初めて耳にしました。

最近メディアなどで取り上げられているとか。

 

春先はどうしても寒暖差や新生活のスタートなどのストレスで体調を崩してしまいがちです。

環境の変化に緊張しっぱなしで疲れてしまい、自律神経の不調をきたしてしまう方も多いようです。

特に春先に多くなる

  • 体のだるさ
  • 慢性的な倦怠感
  • 手足が冷える
  • 不眠
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 昼間に襲ってくる眠気
  • 気持ちが沈んでしまう
  • 突然不安な気持ちになる
  • 急にイライラしてしまう
  • お通じの不調

などの症状を「春バテ」というのだとか。

 

「木の芽時は」と昔からよく言いますが、最近では「春バテ」と呼ばれるようになっているようです。

一見するとよくある症状のように感じますが、実際に症状が起きている方にとってはとても大変なこと。

少しからだを動かそうにも一苦労なほどしんどいのです。

 

「春バテ」なぜ起こる?|神戸市西区月が丘整骨院

一般的に春バテの一番の原因は寒暖差による自律神経への負担と言われているようです。

今年の春は急に季節外れの暖かさになったかと思えば、ひと月以上は逆戻りしたんじゃないかという冷え込み、そしてまた暑い程の暖かさになる。

朝晩の温度差も激しく、早朝のご出勤の方は服装の調節に一苦労です。

 

体温調節は交感神経と副交感神経が上手くバランスを取ることによって適切な温度に保たれています。

 

温度差が激しいと自律神経も大忙しになってしまい、調節が追っつかなくなってしまい、自律神経のバランスを乱してしまうというわけです。

 

また、春先は新しい生活のスタートや、職場の環境の変化、お子さんの進学、進級など温度差以外のストレスもかなりのもの。

 

花咲き、緑萌える気持ちよい時期ですが、どうしてもストレスフルになりがちな時期でもあるようです。

 

「春バテ」対策は?|神戸市西区月が丘整骨院

自律神経のバランスを落ち着かせるような生活習慣を心がけましょう。

 

睡眠時間はただ時間だけ取ればよいというものではありません。

入眠する時間もとても大切。

なかなか10時に寝るというのは難しいかもしれませんが、できるだけ早く寝ることによって

より副交感神経を優位にさせ、交感神経を落ち着かせる効果が高まります。

 

お風呂は熱すぎない温度で少し長く入る。

冷えた身体をしっかり温めることによって自律神経の切り替えを助けます。

これは夏の冷房で冷えた身体にも有効です。

 

寝る前は携帯電話などの電子機器を触らない。

スマホやパソコンの画面から発せられるブルーライトによって脳が昼間と勘違いしてしまい、睡眠ホルモンの分泌が狂ってしまうことがあるようです。

良質な睡眠をとるためにも、睡眠前の室内環境を体がしっかり夜だと認識できるようにしてあげましょう。

 

寝る時に枕元に携帯電話を置かない。

いわゆる電磁波と呼ばれる影響は、それを発する機械がそばにあるだけでも起こります。

寝ている間もずっとそれを頭元で受けていては、休まる体も休まりません。

電磁波に関する健康への影響は今どんどん研究が進められているところです。

パソコン、スマホ、タブレットなどの電子機器なしにはもはや生活自体が不便な世の中になってきましたが、せめて睡眠中だけでもその影響下から逃れたいものです。

 

呼吸法や適度な運動も自律神経を落ち着かせるのに効果が期待できます。

深いゆっくりとした深呼吸は高ぶった交感神経を落ち着かせ、副交感神経を刺激し、不快リラックス効果をもたらしてくれます。

また、深く呼吸することで酸素が脳に十分に供給されると、昼間の眠気対策にもなります。

  • 眠れない
  • イライラする
  • 不安になる
  • 頭痛
  • 肩こり

などを感じられる方はまずは深呼吸をしてみるというのも簡単にできて良い対策です。

 

春バテによく似た症状|神戸市西区月が丘整骨院

このシーズン、「春バテ」によく似た症状を引き起こすあるものが急激に増加します。
Screenshot_20180420-125247Screenshot_20180421-071655

Screenshot_20180421-165921

Screenshot_20180421-215641

 

「黄砂」

上の図は「ハザードラボ」という防災情報を発信してくれているサイトの「PM2.5」の速報値の時間ごとのスクリーンショットです。

 

全国的に数値が高くなっているのが分かります。

 

黄砂は中国の砂漠地帯からまき上げられた砂が季節風に乗って日本にまで飛んでくるものです。

かつては春霞などとも呼ばれ、春の風物詩、俳句の季語にもなっています。(春霞は霧や靄によって視界がかすむ状態のことを指す言葉で、黄砂などの気象現象も含みます。)

 

黄砂には、砂漠地帯に生息するカビ類や細菌類、バクテリアなどが付着しており、これらの健康被害は今も研究が進められているところのようです。

昨年9月にも熊本大学と国立環境研究所が、「黄砂の飛来した翌日は心筋梗塞などの疾患発生率が上がる」という研究データを発表していました。

黄砂によるアレルギー反応は、からだの過剰な免疫反応を引き起こし、

  • 体のだるさ
  • 慢性的な倦怠感
  • 手足が冷える
  • 不眠
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 昼間に襲ってくる眠気
  • 気持ちが沈んでしまう
  • 突然不安な気持ちになる
  • 急にイライラしてしまう
  • お通じの不調

といったいわゆる「春バテ」によく似た症状を引き起こすようです。

 

どうすれば見分けられる?|神戸市西区月が丘整骨院

「春バテ」と「黄砂」

似たような症状をどうすれば見分けられるのか?

 

まずは生活を整え、ストレスをコントロールするように気を付けましょう。

これで解決できれば自律神経からくる春バテだったということになります。

 

逆に、自分で色々試してみても症状が改善しないというときは、まずはマスクをしてみてください。

黄砂をはじめとするPM2.5などの微粒子状物質は、まずはからだに入らないように対策することが一番大切です。

入ってくる量を減らすことが出来れば、症状が軽減することがあります。

特に、黄砂やPM2.5などの症状の場合、この季節に咳が止まらないなどの症状を経験したことがある方が多いようです。

 

思い当たる方は対策を取られることをお勧めします。

 

それでもダメなときは?|神戸市西区月が丘整骨院

自分で生活も気を付けてみた。

大気汚染対策もやってみた。

でもそれでもしんどい。辛い。体調が良くならない。

 

もしかしたら何か別の問題が隠れている可能性も考えられます。

先日のブログでも書きましたが、辛い症状は我慢しない事です。

どんな症状もからだからのサインですから、素直にそれを受け止めることも大切です。

長引くようならまずは病院で医師の検査とアドバイスを受けましょう。

 

重篤な問題がない事が確認できて、それでも症状が改善しないときは月が丘整骨院にご相談ください。

 

月が丘整骨院のオステオパシー整体は、自律神経の調節、自律神経を乱す根本原因を整える、内臓機能を高める、黄砂などの大気汚染による呼吸器循環器への施術を得意としています。

 

もうすぐゴールデンウィーク。

まちにまった連休をしっかりと楽しむために、今すぐ対策をとって元気にGWを迎えましょう。

 

ご予約、お問い合わせはこちらから|神戸市西区月が丘整骨院

item.90.1

神戸市西区月が丘整骨院のHPはこちらからご覧ください。

ご予約、お問い合わせはこちらからお気軽にお尋ねください。

お電話でのご予約、お問い合わせはこちらからお願いいたします。078-995-3037

施術中はお電話をお取りすることができない場合がございます。

その場合は、お名前、お電話番号を残していただけましたら、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

メールのお問い合わせは24時間受付いたしております。

気になること、分からないこと、些細な事でもどうぞご遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

神戸市西区 月が丘整骨院 お問い合わせはこちら

月が丘整骨院お問い合わせ 神戸市月が丘整骨院0789953037 神戸のオステオパシーメールお問い合わせ

COPYRIGHT© 月が丘整骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALSS | LINK